FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

ゼビオFリーグ 第19節 ペスカドーラ町田 vs アグレミーナ浜松

‪2016年11月14日(月)‬

オールスターゲームも終わってリーグ後半戦が再開したFリーグ。しかし、やけに平日開催が多かったりホームと言いながら名古屋共催だったりでずっと見に行くことができませんでした。この日も平日開催ではあったものの、ご近所の町田だったのでひさびさのF観戦!! 終わらない仕事を放り出して小田急線に飛び乗りいざ町田へ(((((((((((っ・ω・)っブーン

中断期間を挟んで8連敗と、相変わらず苦しんでいた浜松でしたが、10月に入り府中から三井健選手の期限付き移籍加入を発表。

期限付き移籍加入のお知らせ

新戦力三井、攻撃の切り札 Fリーグ・浜松が後半戦

デビュー戦となったアウェイ府中戦で古巣相手にいきなりゴールを決めて3-3の引き分けに持ち込むと、次節はアウェイで仙台に勝利。ようやく調子を上げて、この町田戦に臨みます。

※素人が撮った下手くそな写真ですが、お金と時間をつかって会場まで通い、夫婦で一生懸命撮った写真です。無断での転載・転送はご遠慮ください。


ゼビオFリーグ2016/2017 第19節 アグレミーナ浜松 vs ペスカドーラ町田

試合結果

ペスカドーラ町田 3-1 アグレミーナ浜松(前半1-0)
公式試合記録

町田得点者:10.森岡、6.本田、10.森岡
浜松得点者:13.山元

町田ゴールシーンハイライト


浜松のベンチ入りメンバーは1.石黒、4.三井、6.萩原、8.松本、9.松浦、12.山桐、13.山元、16.須藤、17.田中、18.小池、19.山蔦、22.野嶋。新加入の三井は3試合連続出場。オールスター戦以降は膝の怪我を抱えた14.銀島に代わってU23枠に山桐が入っている。また、前節仙台戦で5.大野が左肩脱臼の怪我を負ってしまい、開幕前に続いて1年に二度同じ個所を脱臼した大野は再発防止の手術に踏み切り、長期離脱を余儀なくされた。

町田の当時の順位は4位。中断直前の名古屋セントラルでは仙台に分け、名古屋に敗け、リーグ再開後もここまで3勝2敗とリーグ優勝を目指すには「波に乗り切れない」という状況が続いている。今季限りでの引退を表明しており、選手としてよりもコーチとしてベンチに入ることが多かった5.甲斐修侍がこの試合ではひさびさのメンバー入り。

前半

浜松のスターティング5はGK1.石黒、FPに13.山元、17.田中、18.小池、19.山蔦。セカンドセットに6.萩原、9.松浦、16.須藤、22.野嶋。新加入の4.三井はファーストセットに、8.松本がセカンドセットに交代で入った。12.山桐は出場はなかった。

試合はお互いに決定的なチャンスをつくれず、ローテンポで進んでいく。どちらかといえば、浜松の方がミスからヒヤリとする場面が多少多いかといったところ。

しかし前半7分、キックインから逆サイドへのロビングパス。なぜかぽっかりとフリーになっていた10.森岡が強烈ボレーシュートを叩き込み先制は町田。

さらに10分には、4.三井のポストプレーから惜しい攻撃があったと思ったらカウンターで被弾。6.本田にゴール正面からミドルシュートを決められて2点ビハインド。 この日の浜松は基本的にハーフに引いてのDFを敷いたが、危険な位置に入ってからでもプレスの強度が緩すぎる。町田の華麗なクアトロに何本もパスを回されてしまっていた。

15分には右コーナーキックからニアに寄った4.三井をデコイにゴール正面でパスを受けた13.山元がゴール。浜松が1点を返すが、その後もサイドに開いたGK1.石黒からのパスミスで相手ボールになり、無人ゴールポストをたたかれる場面も。

1点差での折り返しは絶望するスコアではないが、浜松はイージーなミスが多く、また、マイボールになったときに前線に抜け出る選手がいなくてゴレイロからの出しどころがなくなってしまう場面が目立つ。効果的なロングボールで一気に押し上げたい。ならば後半、この男に期待だ。

後半

スターティングメンバーは前半と変わらず。相手がスライディングでゴールに飛び込んでいたのを見計らって、1.石黒がボールキャッチから40m独走ドリブル!相手ゴールラインまで持ち込むような場面もあったがシュートは打てず。 それ以降はほとんどの時間を浜松陣内で展開される状況。カウンターから少ない好機を見出したい浜松だが決定機を生み出せない。

すると31分、やや停滞しかけていたゲームをぶっ壊すのはやはりこの男、森岡薫!!中盤で奪取したボールを11.室田に預けると、リターンを受けて自ら流し込む!

再び2点ビハインドとされた浜松は残り時間5分というところでパワープレーを開始。深い位置でのキックインを得たところでタイムアウトを取るなどしたが、町田ゴールを脅かすようなシーンはほとんどつくれず試合は終了。

ヒーローインタビューを受けたのは反撃を1点に抑えたGK小野寺。



相手は全日本選手権王者・町田とはいえ、この日の浜松は残念だったなぁ。パスミス連発、プレスは緩々、パワープレーでも何も起こせず最後は苦し紛れのミドルシュート。チームとしての戦略が、哲学が、意図が見えてこないゲームでした。たとえ狙った通りの結果にはならなくても、その狙いが伝わる戦いぶりならば、こんなにモヤモヤとはしないのだけど…試合後の会見では保田監督も同じような不満を漏らしていたようですが、監督のことばにどこか“他人事感”を感じるのがまたファンとしてモヤモヤポイントだったり…(参考記事参照)

それでも、どんなに内容が悪くても1点差のまま終盤まで持ち込めたならあるいは…そんな淡い期待は森岡薫のゴールに打ち砕かれる。とはいえ、この日の浜松を相手に2点差しかつけられなかった町田も決して圧倒的だったとは言い難かったです。森岡薫がいた方が勝って、いなかった方が負けた。乱暴に言っちゃうとそんな試合だったかな。

全日本選手権では開幕前に怪我をしてしまったため、個人的にはこの試合が5.甲斐選手の町田のユニフォーム姿を見た最後の機会になりました。

この日、初めて三井選手のプレーを観ましたがボールは収まるものの前を向けず、周りとの連携も合わずで不発となりました。噂のガッツポーズをはやく見たい!!

銀島選手の怪我もあってベンチ入りはするものの、なかなか出場機会を与えられない山桐選手。焦らず、腐らず、いつか来るチャンスのために牙を砥げ!


関連記事

第22節 浜松×湘南

F10周年オールスターゲーム

第13節 浜松×府中

第13節 湘南×町田


参考記事

浜松、町田に敗れる Fリーグ第19節(静岡新聞
http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/agleymina/301595.html

★ジャッピーニャが決勝弾!! 森岡2ゴールの町田が浜松に勝利!!《町田vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=258456

★保田監督「ピッチに出ている時間は全て集中しなければいけない」《町田vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=258463

★森岡「今日に満足することなくこれからも貢献できたら」《町田vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=258459

★岡山監督「チーム一丸となって戦えたことが勝因」《町田vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=258460

【写真ギャラリー】第19節ペスカドーラ町田 3-1 アグレミーナ浜松
https://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20161115/515807.html

【写真ギャラリー】第19節ペスカドーラ町田 3-1 アグレミーナ浜松
https://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20161115/515834.html

Fリーグ】ホーム全勝を継続の町田 岡山監督「チームが一つになって戦えたことが勝因」
http://futsalx.com/kosukeokayama-2/

Fリーグ】CKから先制点演出のFP滝田 「1試合平均1点は、必ずセットプレーから取れている」
http://futsalx.com/manabutakita/

ぺスカドーラ町田・森岡薫選手「調子が戻ったのは間違いないです。これからは上がるだけです」
http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/15/post30203/

ぺスカドーラ町田・岡山孝介監督「武器を出させる前にプレスをかけて相手によい状態で持たせないことを念頭に置いてやりました」
http://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/15/post30142/

アグレミーナ浜松・田中智基「キレを取り戻すために直近の2週間で7キロやせてみた、うん、いいよ、理想的!」
https://www.targma.jp/pivoplus/2016/11/29/post30753/

アグレミーナ浜松・保田健二朗監督「うちに足りないのは最後の一枚をはがすための個の能力。そこを上げるためのトレーニングをしてきたが、まだ…」
https://www.targma.jp/pivoplus/2016/12/02/post30791/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村