FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【フィネオ・アラウージョが来日初ゴール!2G1Aの活躍】DUARIG Fリーグ 第12節 バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松

2017年8月26日(土)

Fリーグはこの日から第2クールへ突入。この日は前節を最後にホームアリーナを失った府中アスレティックFCとバルドラール浦安の共同開催。今年はいろんなところで府中の試合を見る機会が増えそうです。


浦安の体育館でアスレファンタジスタのパフォーマンスを見る違和感…!!笑



第1試合・府中×大阪戦は、前節は町田を相手に何もできなかったシュライカー大阪が、11.チアゴ選手の復活で息を吹き返し6-5で勝利。決勝点はもちろん、要所要所で効いていました。



さて、ぼくにとっての真打ち登場。浦安×浜松戦のキックオフです!!


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


DUARIG Fリーグ 第12節 バルドラール浦安 vs アグレミーナ浜松

‪2017年8月27日(日) 18:05 @千葉県/浦安市総合体育館

試合結果

バルドラール浦安 3-3 アグレミーナ浜松(前半1-1)
公式試合記録

浦安得点者:20.野村、9.星、9.星
浜松得点者:10.フィネオ、22.野嶋、10.フィネオ

ハイライト動画



11.中村友亮を累積警告で欠く浜松はその代わりにFPではなくGK24.岡島を入れてGK2枚体制に戻した。その他のメンバーは前節と変わらず10.フィネオ・アラウージョと94.ジョン・レノン2人の助っ人外国人もベンチ入り。


開幕戦の雪辱に燃える浦安。開幕から5戦勝星に恵まれず苦しんだが直近の試合では3連勝と調子を上げてきている。


前半

浜松のスタメンはGK1.石黒、12.山桐、13.山元、16.須藤、17.田中。ファーストセットの4人を固定して、セカンドセットに6.萩原、7.前鈍内、9.松浦、10.フィネオ、22.野嶋、94.ジョンの6人をローテーションで入れていく。


まず最初にセカンドセットに入ったのは萩原、前鈍内、松浦、フィネオの4人。デビュー2戦目となるフィネオ・アラウージョ、AbemaTVで初お目見えだ。


しかしジョンも含めた新外国人選手の2人、やはりまだまだ守備には不安があるか?右サイド24.永島からのパスに、20.野村がマークしていたフィネオの死角から飛び出しファー詰めのゴール。3分に先制は浦安。


セットは前鈍内、フィネオ、野嶋、ジョンの組み合わせを経て再びファーストセットへ。すると12.山桐が受けた縦パスをワンタッチで逆サイドの16.須藤へ!しかし須藤がループ気味に放ったシュートはわずかに枠を捉えず…


今季既に4ゴールを挙げている山桐正護。昨季終盤からメキメキと逞しさを増している。やはり若い選手は成長度合いが大きく、観ていて面白い。


そしてセットは先ほどと同様にセカンドへ切り替わるとついにその瞬間が訪れる。前半12分、22.野嶋のコーナーキックからのパスにゴール前へ飛び込んだ10.フィネオがダイレクトで合わせる!


ブラジル出身のアゼルバイジャン代表、フィネオ・アラウージョのFリーグ初ゴールで浜松が同点に追いついた。

初ゴールでノッてきたフィネオは左サイド際であのリカルジーニョを彷彿とさせるような華麗なヒールリフトを披露。ゴールこそならなかったが、魅せるだけでなくそこからしっかりとジョンのシュートチャンスまで演出。


その後お互いにセットプレーでタイムアウトを取り追加点を狙うが、どちらもゴールはならず1-1のまま前半を終了。


後半

1-1のまま迎えた後半、浜松は前半とは少し組み合わせを変えた6.萩原、7.前鈍内、10.フィネオ、94.ジョンからスタート。立ち上がりからのフィネオとジョンの同時期用に一抹の不安がよぎるが…


またしても鬼門の立ち上がりでの失点… ジョンとフィネオの戻りが遅れて3.ディドゥダがフリーで放ったシュート、そのこぼれ球を9.星に押し込まれる。


ここからしばらくは完全に浦安の時間帯。数年前の浜松であれば、前半そこそこいい試合をしたとしてもここから崩れて一気に失点…ということがままあった。しかし今年の浜松は石黒紘久の連続セーブや、山元正典のディフェンスでこの苦しい時間をなんとか1点差のまま耐え凌ぐ。


するとここで30分過ぎ、浜松の守備を牽引していた山元にトラブル。ライン際での浮き玉のトラップ処理の際に倒れ込み、そのまま担架で運ばれる事態へ。特に接触プレーもなかったシーン、元々痛めていた太もも裏をかばって着地した時に腰を痛めてしまったようだ。山元は結局、この後は試合に出られなかった。

ファーストセットの一角を担っていた山元の負傷に続き、浜松は5ファウルとなってしまい更にピンチ。それでも石黒のセービングで浦安の攻撃を耐え続けると…


33分、今度は10.フィネオのアシストで22.野嶋がゴール。コーナー付近から野嶋の入れた折り返しのパスをフィネオかダイレクトで“落とす”とこれをまた野嶋がダイレクトにシュート。


さらにその直後、浦安の横パスをカットしたフィネオがGKとの1対1を冷静に流し込みこの日2点目のゴール。浜松が一気に逆転を決める。


3-2で逆転した浜松だったが、セットが一周して再びフィネオとジョンが同時にピッチに立つと…この日2ゴール1アシストのフォネオのパスミスをカットした9.星が強烈ミドル。ゴールのほぼ真正面から放ったにもかかわらず、サイドネットに突き刺さる際どいコース。

ついさっきまで半ば勝利に手を掴みかけていた浜松だったが、こうなると5ファウルとなっている分だけ不利だ。DFは混乱し、一気に浦安に押し込まれ逆転されるのも時間の問題に見えた。残り1:22というところでキックインを得た浦安がタイムアウトを取るが、正直これには浜松の方が助けられたと思う。


タイムアウトの内にセットを入れ替えた浜松、こうなってしまえば最低目標は勝点1を死守することだろう。一方の浦安はホームで勝点1では満足できないとパワープレーを開始するが、3失点目のイメージが残っているのかパスは回せどシュートを打てず。結局、消極的なままタイムアップとなった。


浜松にとっては、もったいない失点で勝点2を落としたとも言えるし、完全に相手に勢いが傾いた2分間を耐えて1を拾ったとも言える。しかしなにはともあれ、アグレミーナ浜松が浦安の地で初の勝点を獲得した。



というわけで今回の「#アグレミーナな日」 はもちろんこの1枚!

来日初ゴールを決め、2ゴール1アシストのフィネオ・アラウージョ選手!ゴールへの貢献だけでなくヒールリフトで魅せてくれたりと、アゼルバイジャン代表歴もあるその技術の片鱗を見せてくれました。


しかーし、よくよく振り返ってみると3得点だけじゃなくて3失点にもすべて絡んでるぞ!?フィネオ(^^;
でも保田監督も守備面も含めてもっともっとフィットさせていくとコメントしていますし、インタビュー記事によればまだコンディションは80%くらいというので、今後のさらなる活躍が楽しみですね!!


関連記事


参考記事

浜松、浦安と3―3 Fリーグ第12節/静岡新聞アットエス     http://www.at-s.com/sp/sports/article/shizuoka/agleymina/395503.html

【結果ニュース】フィネオ・アラウージョのF初ゴールが飛び出すも、浦安が星翔太弾で勝ち点1をもぎ取る《浦安vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=286214

★高橋監督「勇気を持って最後の局面を打開する部分は不満」《浦安vs浜松》    
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=286215

★保田監督「ミスの質を改善しなければいけない」《浦安vs浜松》    http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=286216

2ゴール1アシストと大活躍のアラウジーニョがアグレミーナ浜松に来て感じたこと/デジタルピヴォ! プラス ※途中から有料   http://www.targma.jp/pivoplus/2017/09/01/post39044/

浜松・保田健二朗監督が語る外国人選手獲得の意図とチームの変革について/デジタルピヴォ! プラス※途中から有料   http://www.targma.jp/pivoplus/2017/09/01/post39052/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村