FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

第23回全日本フットサル選手権1次ラウンド グループA/B 第3節

2018年3月4日(日)


全日本フットサル選手権 1次ラウンド静岡会場3日目の朝。多くのチームにとってこの日が今シーズン最後の試合であり、中には現役選手として最後のゲームとなる選手もいます。
決勝トーナメント進出が懸かっているチームはもちろんですが、たとえ消化試合であっても誰だって最後は勝って終わりたい!!

グループA,Bの2日目の様子はこちら。

この日、3月4日は「お茶湯日」と呼ばれるエコパアリーナのすぐ近くにある遠州三山がひとつ法多山 尊永寺の功徳日。年に11回、その日だけに販売される激レアな厄除けだんご「お茶だんご」をフットサル観戦友だちが買ってきて分けてくれました。

今年こそは行けると思った浜松のベスト8進出が叶わないなんて…このおだんご食べてしっかり厄除けしておかなきゃ!このご利益で、せめて最終戦は勝利といきたいところです!!


素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


第23回 全日本フットサル選手権 1次ラウンド 静岡会場 大会3日目

グループA 第3節

P.S.T.Cロンドリーナ 5-0 ボルク北九州
バルドラール浦安 6-4 ヴォスクオーレ仙台




グループAの1試合目はともにFチームに2連敗のロンドリーナとボルクの対戦。前半2点をリードしたロンドリーナが後半にも3点を追加し、来季からF2リーグを戦うボルクに完勝!


例えリードしていても最後の最後、ラインを割るプレーを諦めない30.中嶋のゴールは特に素晴らしかった。



グループAの2試合目、浦安と仙台のFリーグ対決。得失点差で優位に立ち、引き分け以上で初の決勝トーナメント進出となる仙台が1点リードする後半。浦安の怒涛の攻撃を、元浦安のGK税田を中心に耐え続ける仙台。


しかし残り7分の9.星の同点弾を皮切りにディドゥダ、荒牧、小野がゴール。浦安が三戦すべてを逆転勝利し決勝T進出を決定。


3年連続で浦安と同じグループになり今年もその壁を越えられなかった仙台、初の決勝トーナメント進出はならず。残り7分までリードを保っていたが、ファウルトラブルに涙を飲んだ。


グループA 最終順位表

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 バルドラール浦安 9 17 9 +8
2 ヴォスクオーレ仙台 6 14 9 +5
3 P.S.T.Cロンドリーナ 3 9 10 -1
4 ボルク北九州 0 4 16 -12


グループB 第3節

ミカロ仙台 3-2 フウガドールすみだバッファローズ
アグレミーナ浜松 3-6 バサジィ大分


グループBは第2節の時点でフウガドールすみだバッファローズが駒沢行きを決めている。




そのバッファローズと、ここまで2連敗のミカロ仙台の試合。前半は20.阿部の2ゴールで地域チャンピオンズリーグ3位のミカロがリード。都1部のバッファローズに3試合連続で下克上させるわけにはいかない!


後半、28.山村のゴールで同点に追いつかれたミカロだったが…


勢いづくバッファローズを相手に集中は切らさず、8.伊藤のゴールで勝ち越し。パワープレーも凌いで今大会初勝利を挙げる!



グループBの2試合目、そして1次ラウンド静岡会場の最終試合は消化試合となってしまったFリーグ対決。浜松 vs 大分。でも、これが今季最後の試合。「F1のプライド」を持って最後まで熱く楽しい試合を期待!!


立ち上がり浜松から連続でチャンスをつくっていたが、カウンターのワンチャンスを6.狩野に決められ失点。先制は大分。


浜松もチャンスは作るのだがあと一歩でポストに嫌われる。前半だけで3度はポストを叩いたか?すると13分、左サイドの7.原田からのシュートパスに20.米村がスライディングで飛び込み大分に追加点。



ここまでシュート数は互角。しかし1点が遠いのは浜松… あと一歩、もう少しだけ、呼吸が噛み合えば。



後半に入ると、浜松はGKを24.岡島からすでに退団が発表されている2.鈴木にチェンジ。


しかし左キックインから20.米村に豪快に突き刺され3失点目。


27分には22.野嶋が底の位置でボールを奪われ、4.田村のゴール。どちらかといえば浜松のペースと言える時間帯だったのに。決まるのはなぜか大分のゴールばかり…


34分に15.鷲北からボールを奪った17.田中がカウンター、田中を2人が追い越して3対1の状況に持ち込むと右サイドの22.野嶋がゴール!ようやく反撃開始だ! !


しかしその直後、浜松の反撃ムードを挫くのは元アグレミーナのこの男…!15.鷲北のゴールで大分5点目。


浜松は5分を残して16.須藤をGKにパワープレーを開始。しかし39分に14.白方のパワープレー返しが決まってしまう。



その直後、パワープレーから94.ジョンの放ったミドルシュートがDFに当たってゴールイン。さらに終了間際残り5秒にコーナーキックから11.中村が意地の一発を決めるが、まもなく試合終了。最後までゴールが遠かった浜松、パワープレーでの反撃は2点に留まり3-6でFリーグ対決に敗れた。



今季での引退を表明している大分 19.山蔦にとってはこの試合が最後のゲームとなった。昨季はアグレミーナ浜松に在籍していて、彼をよく慕っていた松浦と抱擁。浜松サポのコールにも晴れやかな笑顔で応える。


そしてラストには大分・浜松両チームの選手で山蔦選手を胴上げ。彼の人望がよく分かる終幕のシーンだ。



最後まで本当に楽しそうにプレーしていた山蔦一弘選手。お疲れ様でした。たった1年の間だけでも、あなたがアグレミーナ浜松にいてくれたことでもたらした影響は大きかった。どうもありがとう。


グループB 最終順位表

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 フウガバッファロ-ズ 6 10 6 +4
2 バサジィ大分 6 16 8 +8
3 アグレミーナ浜松 3 8 12 -4
4 ミカロ仙台 3 6 14 -8

※勝点が並んだ場合は得失点差の前に直接対戦成績が優先。




山蔦選手の胴上げと時間は前後しますが、浜松の今シーズン最後のサポーターへの挨拶。キャプテン松浦選手が一歩前へ出て「1年間、応援ありがとうございました!」と揃って一例。

ラストマッチ、敗れはしたものの選手たちは最後まで闘っていたし頑張っていました。しかし、目指していた期待されていた結果には届かなかったことは受け止めなければなりません。

開幕戦の勝利で「今年の浜松は違うかも?」と、多くの人に思わせることはできました。しかし、その“?”は最後まで取れませんでした。リーグ戦は過去最高の8位になったとはいえ獲得勝点は昨シーズンとまったく同じの26。しかも下の順位の仙台にも、神戸にも、大分にも第3クールでは勝てていないのです。

8位になったことで組み合わせが有利になるこの全日本選手権で、ベスト8に進出することで目に見える結果として成長を示したかった。そして実際、リーグ最下位の大分、関東リードではなく都リーグ所属のすみだバッファローズと同じ組となったことで浜松にとってはこれまでで最大のチャンスでした。(もちろん、いざ試合となればカテゴリーや順位は関係ないとはいえ)しかし結局はそれを活かせなかった。

Fリーグが2部制となる2018シーズン以降、競争が激化していくなかで浜松はF1リーグを本当に戦っていくことができるのか? また、勝敗を超えてクラブとして“ありたい姿”を見つけ体現していくことはできるのか?


アグレミーナ浜松の7年目のシーズンは、もしかしたら大きな転換期となるのかもしれません。


他グループの結果

グループC 第3節

‪メンバーオブザギャング 1-7 SWHフットサルクラブ
‪湘南ベルマーレ 6-1 エスポラーダ北海道‬

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 湘南ベルマーレ 9 19 4 +15
2 エスポラーダ北海道 6 11 9 +2
3 SWH futsal club 3 11 13 -2
4 メンバ-オブザギャング 0 3 18 -15


グループD 第3節

‪リガーレ東京‬ 3-1 ‪広島大学体育会フットサル部‬
‪シュライカー大阪 11-3 ボアルース長野‬

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 シュライカー大阪 9 30 5 +25
2 リガーレ東京 6 7 10 -3
3 ボアルース長野 3 9 16 -7
4 広島大学体育会 0 4 19 -15


グループE 第3節

‪ヴァクサ高槻 5-7 名古屋オーシャンズサテライト
‪府中アスレティックFC 9-0 エルブランコ高知‬

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 府中アスレティック 9 21 2 +19
2 名古屋サテ 6 16 10 +6
3 エルブランコ高知 3 5 18 -13
4 ヴァクサ高槻 0 7 19 -12


グループF 第3節

‪ディヴェルティード旭川 3-4 ブラッカ ブロッコ‬
‪フウガドールすみだ 3-2 デウソン神戸‬

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 フウガドールすみだ 9 20 3 +17
2 デウソン神戸 6 16 7 +9
3 ブラッカブロッコ 3 6 19 -13
4 ディヴェルティード 0 6 19 -13


準々決勝組み合わせ

2018年3月9日(金) 駒沢オリンピック公園体育館

第1試合 11:00
バルドラール浦安 vs フウガドールすみだバッファローズ
第2試合 13:15
フウガドールすみだ vs 湘南ベルマーレ
第3試合 15:30
シュライカー大阪 vs ペスカドーラ町田
第4試合 17:45
府中アスレティックFC vs 名古屋オーシャンズ


参考記事

第23回全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンド進出チームが決定
http://www.jfa.jp/match/alljapan_futsal_2018/news/00016313/

浜松、決勝リーグ進出逃す フットサル全日本選手権
http://www.at-s.com/sp/sports/article/shizuoka/agleymina/464367.html

第23回全日本選手権 アグレミーナ浜松 vs バサジィ大分(写真57枚)
http://futsalx.com/23aj_ham_oit/

第23回全日本選手権 ミカロ仙台 vs フウガドールすみだバッファローズ(写真33枚)
http://futsalx.com/23aj_buf_msen/

第23回全日本選手権 PSTCロンドリーナ vs ボルク北九州(写真48枚)
http://futsalx.com/23aj_lon_kit/

第23回全日本選手権 バルドラール浦安 vs ボルク北九州(写真48枚)
http://futsalx.com/23aj_ura_kit/

予選ラウンド終了。 : 冨成 弘之
https://lineblog.me/hiroyuki1983/archives/999830.html

名古屋サテライトが逆転でヴァクサ高槻とのグループ最終戦を制す
http://futsalx.com/23aj_sat_vax/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村