FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【ダークホースDELIZIA磐田が初出場でベスト4進出!】第14回全日本女子フットサル選手権 1次ラウンド・グループD

2017年11月10,11日

この大会の後に仕事が立て込んでしまい、それでも観たい試合は毎週のように来るわけで…ブログの更新がかなり溜まってしまいました。冬休みの間にどれだけ巻き返せるでしょうか。気づけばもう2ヶ月近く経ってしまいましたが、グループDから再開です。

福井丸岡RUCKとアルコイリス神戸が壮絶すぎる得失点差争いを演じたグループCについてはこちら。


素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


第14回 全日本女子フットサル選手権 1次ラウンド グループD

2017年11月10,11日 @北海道/北海きたえーる

第1節

ASTRO鹿児島 0-2 DELIZIA磐田レディース
フウガドールすみだレディース 0-1 SWH Ladies Futsal Club

第1試合に注目を集めたのはフウガドールすみだレディースとSWH Ladiesの一戦。フウガは今大会初出場ではあるが、サイコロやラスボニらの日本リーグ勢を抑えて関東リーグ首位を走る。選手権関東大会決勝でもサイコロを破り関東第一代表としての出場。また、初の全国大会となった 昨季の地域チャンピオンズリーグ ではあのarco-iris KOBEを負かして波乱を起こしている。


ただし、金曜午後イチに行われたこの第一試合ではベンチ入り人数が12人揃わなかった。5.長谷川選手も会場にはいたが、関東大会決勝での退場によりこの試合は出場停止。


一方のSWHLは一昨年のチャンピオン。昨年はアルコイリスと決勝で兵庫県対決を演じている。3年連続でのファイナル進出を狙うグループDの勝ち抜け本命のチームだ。


試合は3分にキャプテン14.坂田睦が相手陣内でのボール奪取からショートカウンターを決めてSWHLの先制。公式記録によればその後、フウガはSWHLの倍近い計22本のシュートを放つがゴールは割れず。パワープレーも実らずで1点をSWHLに1点を守りきられて敗戦。


もうひとつの初出場チームであるDELIZIA磐田レディース。結成1年目にして静岡県リーグを全勝優勝して東海へ昇格。そして2年目の今年には全日本選手権出場を果たしたシンデレラチームだ。男子チームと同じく静岡産業大サッカー部OGが中心となって結成された。


初の全国大会のその初戦、DELIZIAは開始早々に9.寛野のゴールで幸先よく先制すると、


その後はアストゥーロに攻め込まれながらも日本代表候補合宿にも召集されたゴレイラ前原りんごのセーブで失点を許さない。


後半中ごろにはコーナーキックからセグンドを狙ったシュートパスが相手のオウンゴールを誘い追加点。


2-0でDELIZIA磐田レディースが全国初戦を勝利で飾った。


DELIZIAのレディースチームを率いるのは長年男子チームを牽引してきた静岡フットサルレジェンドのひとり、千葉武氏。


第2節

DELIZIA磐田レディース 3-2 フウガドールすみだレディース
SWH Ladies Futsal Club 1-1 ASTRO鹿児島


初戦を落としもう後がないフウガ。DELIZIA磐田と対戦するこの試合からは5.長谷川もメンバー入りし勝利を狙う。


試合はスコアレスのまま前半を折り返し…と思われた残り8秒、11.駒形の左足シュートが決まってDELIZIAが先制。


後半にもコーナーキックから6.水谷が押し込んてDELIZIAが追加点を決めると、フウガはタイムアウトを取ってパワープレーを開始。


パワープレーから19.金子(由)にゴールを決められて1点差に追いすがられるものの、


GK前原の見事なパワープレー返しが決まってフウガを突き放すDELIZIA。


残り10秒というところでもう一度パワープレーから失点するが、リードを守りきり2連勝!ここまで来ると、一気に決勝トーナメント進出が現実味を帯びてくる。



一方のBピッチではSWHレディースがASTROと対戦。この試合でゴールを守ったのは元静岡県Frontier FCの門西選手。


前半をスコアレスで折り返した後半ミドルシュートをGKが弾いたこぼれ球を拾った10.網城のハーフボレーでSWHが先制。このまま2連勝かと思ったのだが…


直後にASTRO鹿児島が18.東谷のゴールで同点に追いつき、試合は1-1のまま終了。3年連続のファイナル進出を目指すSWHLとしては痛恨と言えるドロー決着となり、DELIZIA磐田が暫定1位で大会2日目を迎える。


スポンサーリンク


第3節

ASTRO鹿児島 0-1 フウガドールすみだレディース
SWH Ladies Futsal Club 1-1 DELIZIA磐田レディース


大会2日目、グループリーグ第3戦前の順位は2連勝のDELIZIA磐田が暫定1位。1勝1分で2位のSWHレディースまでに決着トーナメント進出の可能性が残る。


フウガとアストゥーロにはもはや可能性が残らないが、互いに未勝利では終われないはず。


Aピッチ、アストゥーロとフウガの意地の1勝を賭けて競う一戦、ポゼッションは圧倒的にフウガだが引いて守るアストゥーロのディフェンスを崩せないまま、前半はスコアレス。


後半3分、5.長谷川が左サイドを突破して送ったラストパスに21.勝俣が飛び込み、ついにフウガが先制点を挙げる。


この1点でフウガが最終戦を勝利したが、1勝2敗でグループリーグ敗退は満足のいく結果ではなかったはず。関東リーグチャンピオンとして、今季もう一度全国へ挑む。



Bピッチでは勝点6のDELIZIAと4のSWHLの直接対決。試合は立ち上がりからSWHLが攻め、DELIZIAがGK前原の好セーブを中心に守る展開が続いていたが前半9分、9.上野のゴールでついにSWHLが先制。


前半、なかなか反撃のチャンスを掴めなかったDELIZIAだったが、後半開始直後に16.竹本のゴールで追いつく。このまま終われば1位抜けだ。


決勝トーナメント進出のためには勝つしかないSWHLは10.網城をGKにパワープレー。


このパワープレーをメンバー全員の身体を張ったディフェンスで退けたDELIZIA磐田が初出場にして準決勝進出の快挙を成し遂げた!



というわけでSWHレディースとフウガドールすみだを押さえ、決勝トーナメントに進出したのは結成2年目のダークホース、DELIZIA磐田レディース!


静岡県勢がベスト4に進出するのはこれが初めて。この躍進は正直予想外でしたが、やはり静岡のチームが活躍してくれるのは嬉しいです。

さらにグループAのmember of the gangと合わせて東海代表2チームが同時に決勝トーナメントに進出したのも大会史上初のこと。それぞれRUCK、サイコロの日本リーグ勢を相手にどんな戦いを見せてくれるのか?

準決勝に続きます!


関連記事


参考記事

http://ladies.fuga-futsal.com/archives/6144

http://ladies.fuga-futsal.com/archives/6161

【試合レポート】第14回全日本女子フットサル選手権1次ラウンドグループD/PANNA-FUTSAL   http://www.panna-futsal.com/2017/11/14th-alljapan-d.html

[女子選手権]グループD総括 王座奪還を目指すSWHレディースを振り切り、初出場のデリッツィア磐田が決勝ラウンドへ/FUTSAL X
http://futsalx.com/lsenshuken2017groupd/

第14回全日本女子フットサル選手権大会が開幕! 注目の日本女子リーグ対決はドローに   http://www.jfa.jp/match/womens_futsal_2017/news/00015522/

第14回全日本女子フットサル選手権 4強が決定、初優勝をかけた決勝ラウンドへ    http://www.jfa.jp/match/womens_futsal_2017/news/00015525/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村