FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【福井丸岡RUCKが悲願の初優勝!】第14回全日本女子フットサル選手権 決勝戦

2017年11月12日(日)

観戦記を書くのに長ーくかかってしまった全日本女子フットサル選手権も残すところ決勝戦のみとなりました。


決勝は日本リーグ勢同士の対決。2014,15年に2年連続で準優勝している福井丸岡RUCKと、これが初めての決勝戦となるさいたまSAICOLOが激突!

準決勝2試合の様子はこちら。

実はさいたまSAICOLOと福井丸岡RUCKの対戦はここ最近引き分け続きなんです。

今年の日本リーグでは5-5、昨季の地域チャンピオンズリーグでは3-3。さらにその前の日本リーグプレ大会に遡ってもやはり3-3と、負けはしていないもののまだ丸岡RUCKに勝利したことはないサイコロ。日本一を懸けたこの大一番で丸岡RUCKに初勝利できれば、こんなにできたストーリーもないでしょう(๑•̀ㅂ•́)و✧


いつもと違ってゲーム性の高いウォーミングアップメニューでリラックスした雰囲気のサイコロ。ここまできたらあとはやるだけだ! ⁦


決勝戦は一面にピッチを作り直し、両チームFIFAアンセムをBGMにチアガールの花道を通って登場。果たして、日本一の栄冠を掴むのは!?


素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


第14回 全日本女子フットサル選手権 決勝戦

2017年11月12日(日) @北海道/北海きたえーる

試合結果

福井丸岡RUCK 4-2 さいたまサイコロ



サイコロのスターティングメンバーはGK12.吉村、7.秋田谷、8.髙橋、10.堀田、14.初見。セカンドセットには6.木原、9.安、11.吉川と2.小島or5.坂本を入れてプレータイム2分ずつできっちりと回していく。


一方の丸岡RUCKはGK1.浅野、2.横山、9.北川、10.池内、13.高尾でスタート。FPはここに7.田中と11.小林を入れて序盤は6人でローテーション。途中から19.山川も出場したものの、きっきり2セットのサイコロ vs 少ない人数で回していくRUCKという構図になった。


3日間で5試合を闘うタフなこの大会。さらに交代人数も絞られるとなればスタミナの面ではサイコロが優勢に思えたが、RUCKのスピードと勢いにまったく衰えは見られない。



序盤から果敢にプレスを仕掛け、ボールを奪えばシンプルにシュートに持ち込む。サイコロとしては立ち上がりはかなり攻め込まれ、ゴレイラ12.吉村の活躍ばかりが目立った形だ。


前半10分、先制点はそんな丸岡RUCKの前プレから生まれた。11.小林がしつこいフォアチェックでサイコロボールを奪うと、ゴール前に持ち込み混戦のこぼれ玉を13.高尾が押し込む。



先制を許したサイコロも、7.秋田谷からの縦パスを8.髙橋がヒールで合わせて再び秋田谷へ、ファンタスティックなコンビプレーでゴールに迫るが惜しくも得点はならず。

その後もRUCKの攻撃をサイコロが必死に守る展開が続く。5試合を戦う疲労の色が濃いのはどちらかといえばサイコロの方か… ランニングスピードもパススピードもいまひとつギアが上がらず、RUCKのインターセプト&カウンターの標的になる場面が目立った。


RUCKのタイムアウトが明けた直後の16分、前がかりになっていたサイコロの裏のスペースを10.池内が抜け出して数的優位となると、必死で戻るDFを13.高尾とのワンツーで躱してファー詰めゴール。


2点差とされたサイコロはたまらずタイムアウト。今大会絶好調のRUCK 13.高尾はこの試合でも1ゴール1アシストの活躍。わかっていても止められないならこちらも点を取るしかない。後半に立て直せるか!?



後半、互いにスターティングメンバーは変わらず。サイコロとしてはまずは早い時間帯に1点を返したいところ。1点差ならば終盤にパワープレーで追いつける可能性は十分にある。

しかしキックオフしてわずかに25秒、そのゲームプランはいきなり崩れてしまった。サイコロのゴールクリアランスで4秒ルールの反則を取られ、RUCKにペナルティライン上からの間接FKを与えてしまう。



近距離からのフリーキックは逆に難しいが、13.高尾の左足チョンドンシュートは見事にゴール左上隅に突き刺さった。


日本リーグの対戦ではRUCKに一時は4点差とされながらも追いついたことのあるサイコロ。もちろん諦めるような時間帯ではないが、非常に厳しい展開であることに変わりはない。


それでも26分には、左サイドをドリブル突破した7.秋田谷がシュート!これはGKとDFにブロックされるが後ろにこぼれたところを14.初見が押し込んでサイコロが1点を返す。



このゴールをきっかけに反撃の狼煙を上げたいサイコロ。ファーストセットのクアトロ、セカンドセットのピヴォ当てと、戦術の切り替えをよりハッキリとさせてRUCKゴールに迫ろうとする。しかし連戦の疲れからか、ピヴォの吉川にボールが入ってもそれを追い越す動きが乏しく吉川を前線で孤立させてしまうシーンが目立つ。

一方RUCKはサイコロの攻撃を止めると、全てカウンターのチャンスに繋げてくる。サイコロはきちんとシュートまで打ち切りたい。



そんな攻防がしばらく続いて、32分に丸岡RUCKが先にタイムアウトを取る。残り8分で2点差。サイコロとしてはそろそろパワープレーが頭をよぎるころに相手がタイムアウトを取ってくれたのはありがたい。珍しく、タイムアウトで円陣を組み試合を再開。


そして35分を過ぎたころからGKを10.堀田に替えてパワープレーを開始。しかしRUCKの守備をなかなか崩せず、38分に今度はサイコロがタイムアウト。狙い所を再確認。



しかし39分、2.横山のパワープレー返しが決まってしまった…



残り時間43秒でパワープレーから9.安の素晴らしいオーバーヘッドシュートが決まって1点は返したものの、まもなくタイムアップ。


現主力メンバーがまだ中学生だった2012年の初出場から5年。丸岡RUCKが悲願の選手権初制覇を達成した。





全日本選手権6度目の出場、そして3度目のファイナルにしてついに丸岡RUCKが初優勝。あぁ、いま思い返しても悔しい…


だけどこの4年間、この金メダルが欲しくて欲しくてたまらないRUCKの選手たちのこともずっと見てたから、やっぱりおめでとうですね。




小野直樹監督率いるさいたまSAICOLOは初の決勝進出を果たすも惜しくも準優勝。あの4秒がなかったら、せめてパワープレーのゴールが相手より先に決まっていれば、また違った展開になったのでは…敗戦を惜しむ声を挙げればキリはありませんが。



それでも、昨年の選手権はグループリーグ敗退。その半年後の地域CLでは準決勝進出して3位入賞。そしてまた半年後、今大会では準優勝とひとつずつ成績を上げているサイコロ。胸を張って帰りましょう。銀メダルおめでとうございます!



今大会、もう一つのトピックが東海代表2チーム揃ってのベスト4進出。とくにDELIZIA磐田レディースは初出場にして3位入賞の快挙。こうなってくると、怖ろしいのは関西勢の猛烈な巻き返し。サイコロは今年はもう挑戦できませんが、日本リーグプレーオフ、地域チャンピオンズリーグ、このままではすまない雰囲気がプンプンしますね!



全日本女子フットサル選手権観戦記、これにて完結! 限られた旅程の中で食べたものたち、ごちそうさまでした。会ったひとたち、ありがとうございました。 また来たい!北海道!!


関連記事


参考記事

第14回全日本女子フットサル選手権 福井丸岡ラックが日本女子フットサルリーグ対決を制し、悲願の初優勝!
http://www.jfa.jp/match/womens_futsal_2017/news/00015529/

【試合レポート】第14回全日本女子フットサル選手権決勝さいたまサイコロ vs 福井丸岡ラック
http://www.panna-futsal.com/2017/11/14th-all-japan-final.html

【優勝インタビュー】福井丸岡ラック
http://www.panna-futsal.com/2017/11/alljapan-ruck-interview.html

【大会総括】第14回全日本女子フットサル選手権大会
http://www.panna-futsal.com/2017/11/14th-alljapan-summary.html

フットサル日本女子代表伊藤雅範監督が見た全日本女子フットサル選手権
https://www.targma.jp/panna-futsal/2017/11/17/post496/

3度目の正直! 福井丸岡ラックが日本一に輝く
http://futsalx.com/lsenshuken2017final-2/

‪悔しさをバネに圧倒的な存在感を示した丸岡ラックFP高尾茜利「言葉にできない」
http://futsalx.com/akaritakao-2/

‪悲願のタイトルをもたらした急成長の16歳 丸岡ラックFP池内天紀「自分たち高校生が頑張らないと」
http://futsalx.com/akiikeuchi/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村