FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【東海代表2チームが揃って3位入賞】第14回全日本女子フットサル選手権 準決勝

2017年11月12日(日)


大会3日目にしてようやく好転に恵まれたきたえーる。全日本女子フットサル選手権、最終日は午前中に準決勝、午後に決勝戦が行われます。


ベスト4に進出したのはmember of the gang(三重県)、さいたまSAICOLO(埼玉県)、福井丸岡RUCK(福井県)、DELIZIA磐田レディース(静岡県)の4チーム。ここまでの数年間はアルコイリス神戸とSWHレディースの兵庫県勢が交互に優勝する状況が続いていましたが、今年はどこが勝っても初優勝!歴史を変えるのはどのチームだ!?


1次ラウンド、グループリーグの詳細はこちら。


素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


第14回 全日本女子フットサル選手権 準決勝

2017年11月12日(日) @北海道/北海きたえーる

準決勝 Aピッチ

member of the gang 1-3 さいたまサイコロ



Aピッチでは7年ぶりにベスト4へ進出したgangと、初進出のサイコロの対戦。サイコロのスタメンはGK12.吉村、7.秋田谷、8.髙橋、10.堀田、14.初見。さぁ、念願の日本一まであとふたつ!!


15分ハーフの前半が中盤に差し掛かる8分、9.安が左サイドから思い切って打ったミドルシュート。これが相手DFに当たりコースが変わったことでゴール。先制されたgangはすかさずタイムアウト。


この日何度も見られたサイコロ 11.吉川とgang 19.榎木園のピヴォ当て対決。しかしサイコロはピヴォに入ったボールにきっちりプレスをかけ、味方の上がりを待たせない。


12分には8.髙橋が右サイドのキックインから浮き玉パスでゴール前の7.秋田谷のヘディングを狙うと、このパスがそのままゴール!サイコロが2点リードで前半を折り返す。



この試合GKを1.田井野に替えていたgang、後半からは12.佐藤に戻して逆転を狙う。サイコロのスタメンは変わらず7.秋田谷、8.髙橋、10.堀田、14.初見。


そこからセカンドセットの5.坂本、6.木原、9.安、11.吉川に変わった直後の19分には5.坂本もゴールを決めてリードは3点に。


この試合ファースト、セカンドの2セットを完全に固定していたサイコロ小野監督だったが、ここまで来れば残る課題はチーム全員で試合をきっちり終わらせること。終盤にはセカンドセットに2.小島を、ファーストセットに13.小林を入れて選手の負荷を分散させる。


しかし試合終了まで残り40秒というところでgang 9.伊藤にゴールを許す。横パスをカットされると相手のドリブルにずるずると退がってしまいノープレッシャーでシュートを打たせてしまった。


試合のクロージングに一抹の不安は残したものの、それ以外はほとんどピンチらしいシーンはつくらせず3-1できっちりと勝利したサイコロ。


チーム結成から7年、小野直樹体制となって3年目、初めて全国大会決勝の舞台まで駒を進めた。


スポンサーリンク


準決勝 Bピッチ

福井丸岡RUCK 1-3 DELIZIA磐田レディース



もう一方の準決勝はファイナル常連の丸岡RUCKと初出場にして準決勝まで勝ち進んだDELIZIA磐田の対戦。


試合はいきなり10.池内のゴールで先制。キックオフからわずか1分足らず。


しかしDELIZIAも追いすがる。8分にはFrontier FC や静岡県選抜として幾度も全国の舞台を闘ってきた19.大井恵子(旧姓:稲葉)のゴールで同点とする。


フットサル経験は浅くとも、大学サッカー経験者の多いDELIZIA磐田は一人ひとりのフットボールスキルは高い。シンプルなパラレラと、多少の距離があってもゴールを狙えるシュート力、そして身体を張ったディフェンスでRUCKに対抗する。


それでも小学生の頃から10年近く同じチームでフットサルを続けてきた丸岡RUCKに一日の長があるか… 9.北川、13.高尾と日本代表コンビのゴールで勝ち越して前半を終了。



後半に入ると18分に2.横山の前プレでパスがずれたところを奪った11.小林のゴールでRUCKが追加点。リードを3点に広げたことで高校生選手も出しやすくなった。続く19分には19.山川の縦突破から得たコーナーキックで14.前田がゴール。


DELIZIA磐田は右サイド、キックインからの強烈なチョンドンシュートで17.西ケ谷、さらに試合終了間際には25.北村が左サイドフリーでパスを受けるとカットイン、プレッシャーを受けながらもスライディングシュートを押し込み一矢二矢と報いるが…


28分には11.小林のゴールで丸岡RUCKがダメ押し。波状攻撃を身体を投げ出して防ぐDELIZIAのDFを冷静に見極め、こぼれ球をニアハイに突き刺す。


GK 16.鵜飼も含め、グループリーグでは出番の少なかった選手も全員出場のうえトータルスコア7-3で勝利した丸岡RUCK。いつも懸念となる主力選手のスタミナに、今回は若干の余裕を残しながら決勝へと進むことに成功した。




今大会では第3位の表彰は優勝チームとは別に、準決勝終了後すぐに行われました。


東海代表が2チーム揃ってベスト4に進出したことは、間違いなく今大会のハイライトのひとつでした。第3位おめでとうございます!


大会史上最多の11回出場を誇るmember of the gang。7年ぶりのベスト4進出に充実した笑顔。


gangとは対照的に、チーム結成2年目の初出場にしてベスト4進出を果たしたDELIZIA磐田。Frontier FCが解散して、しばらくは全国の舞台で静岡県のチームを応援できるチャンスが減るのかなーと思っていたのに嬉しい誤算でした。



そして決勝戦のカードはサイコロ vs RUCK、サイコロがRUCKに初めて勝利して日本一を掴むのか?RUCKが悲願の選手権制覇を果たすのか!?

続きます!


関連記事


参考記事

【試合レポート】準決勝 福井丸岡ラック vs デリッツィア磐田
http://www.panna-futsal.com/2017/11/14th-all-japan-semifinal2.html

【試合レポート】準決勝 メンバーオブザギャング vs さいたまサイコロ
http://www.panna-futsal.com/2017/11/14th-all-japan-semifinal1.html

[女子選手権]日本リーグの2チームが強さを示した準決勝
http://futsalx.com/lsenshuken2017semifinal/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村