FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【準決勝進出4チーム決定!】JFA 第15回全日本女子フットサル選手権 1次ラウンドグループリーグ

2018年11月2,3日

11月2日(金)から開幕した全日本女子フットサル選手権は大会2日目、1次ラウンドグループリーグの3試合目が終了。準決勝進出の4チームが決まりました。

こちらの記事では速報していたツイッター @hiro_16ban の内容をまとめています。追ってURLそのままで情報や写真を追記して観戦記としてアップデートします。

※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください


JFA 第15回全日本女子フットサル選手権大会 1次ラウンドグループリーグ

グループA:地元開催に燃えるビークス石川レディースが初出場にしてベスト4進出

第1試合

ビークス石川レディース 3-2 member of the gang
カレビッチ愛媛レディース 1-1 エスポラーダ北海道イルネーヴェ


初出場の地元ビークス石川、最多出場のgangに勝利!もう1試合は引き分けでグループAはどこが勝ち抜けるかわからない展開になってきた。

第2試合

‪member of the gang 1-2 エスポラーダ北海道イルネーヴェ‬
‪ビークス石川レディース 4-1 カレビッチ愛媛レディース‬


‪初戦を落とし後がないgang、北海道に先制を許すが後半に追いつき1-1で終盤へ。引き分けではお互いに決勝トーナメント進出の可能性を失う中、北海道はパワープレーを敢行。するとパワープレーを受けるgangが痛恨のバックパスのファウル。‬

‪これで得た間接フリーキックのセットプレーを決めて勝ち越し北海道が勝点を4に伸ばす。‬

‪となりのコートではビークス石川が2連勝。勝点6のビークス石川と、勝点4のエスポラーダ北海道。2日目第3試合の直接対決で勝ち抜けチームが決まることになった。‬

第3試合

ビークス石川レディース 4-0 エスポラーダ北海道イルネーヴェ
カレビッチ愛媛レディース 0-1 member of the gang

1位を掛けて激しく当たる両者、ビークスが攻めるが北海道のGK山本がよく止める。前半はスコアレスで折り返し。

後半、16.篠崎のドリブルシュートで先制。さらに15.平能の30mロングループシュートが決まる。

北海道のパワープレーを7.高橋が連続で返してビークス石川レディースが3連勝!

サポーターに挨拶するビークス石川。その後ろではグループBのビークス東京レディースがスタンバイしている。準決勝で「VEEXダービー」の実現はなるか!?

一方、敗退が決定している同士の対決ではgangがCKから10.小山がボレーで決めて先制!

後半もその1点を守りきり、gangが意地の1勝を挙げて最後は勝利で飾った。

グループB:注目の新旧女王対決はドロー!得失点差でアルコイリスが勝ち抜け!!

第1試合

VEEX TOKYO Ladies 2-0 Bepp
アルコイリス神戸 3-0 MESSE SENDAI

前半に16. 栁井、後半に11.多々良のゴールでVEEXが勝利。


12分ハーフという短い試合時間。2得点にとどまったがBeppにほとんど何もさせず完勝。

Beppは終始押し込まれたうえにパワープレーも機能せずで、全国初挑戦は厳しいスタートになった。三輪修也監督と小林心選手。浜松方面でお待ちかねの方へ!

アルコイリスもさすがの貫禄勝ちだが、昨年のスコアを考えるとMESSEも成長を見せたと言えるか?

第2試合

Bepp 0-6 アルコイリス神戸
MESSE SENDAI 0-3 VEEX TOKYO

やはり全国の経験豊富な2チームが順当に勝利。2連勝同士が明日の最終決戦へ。

引き分けの場合、得失点差で有利なのはBepp相手に6点を稼いだアルコイリス神戸。

BeppとMESSEは2連敗でグループリーグ敗退が決定。しかし、「意地の1勝」を掛けてこちらも2日目に直接対決。

第3試合

VEEX TOKYO Ladies 0-0 アルコイリス神戸
MESSE SENDAI 1-2 Bepp

グループリーグの中で最も注目していたVEEX 対 アルコの“新旧女王対決” 。

やはり他の試合より数段インテンシティが高く、面白い!

後半もGK森の好セーブを中心にアルコイリスの攻撃を跳ね返し続けたVEEX。0-0のまま終盤になるとパワープレーを開始。ここまでは作戦通りだったはずだが、ゴールは奪えずスコアレスドロー。

勝点7で並んだ両者は得失点差でアルコイリス神戸が1位抜け。

無失点だったVEEXだが惜しくも勝ち抜けならず。しかし関東大会でもPK戦の連続で勝ち上がってきたことからも「決定力」という課題が露呈した全国大会だった。


BeppはMESSEを相手に先制するも追いつかれ、1-1で迎えた試合終了直前、残り30秒で勝越しゴールが決まり全国初勝利!

浜松方面でお待ちかねの方々へ②
最後は笑顔で締めくくり!!


スポンサーリンク

グループC:フウガ3度目の正直ならず!SWHLが3連勝!!

第1試合

SWH Ladies 3-2 Laufen
フウガドールすみだ 2-0 コラッサ福岡


苦しみながらもSWHがLaufenに勝利。ユース五輪銀メダリストの須藤、追野を擁するLaufenは1点差まで肉薄するが一歩及ばず。

フウガドールすみだもまた前半を0-0で折り返すなど苦しんだが、コラッサ福岡に勝利。

第2試合

Laufen 1-1 フウガドールすみだレディース
コラッサ福岡 0-4 SWH Ladies


SWHがファーストプレーでいきなりゴールを奪うと、そのままコラッサを寄せ付けず2連勝で単独首位に立つ。

4-0とリードしてからは元FrontierのGK門西選手、元楽笑舎の木村選手も出場!

途中までリードしていながらLaufenに終盤追いつかれてしまったフウガだが、勝点4で最終対決にチャンスを残した。どうせ1-0で勝っていたとしてもSWHには得失差で負けるため勝つしかないことには変わりはない。物は考えようだ。

第3試合

SWH Ladies 1-0 フウガドールすみだ
コラッサ福岡 1-5 Laufen

勝点6のSWHLと勝点4のフウガの直接対決はCKから19.藤江のゴールが決まってSWHLが先制する。


準決勝進出には勝つしかないフウガは前半のうちからパワープレーを始めるが、後半も含めてゴールを割ることはできず。

日本代表GK山本を中心としたSWHLの守備がフウガに得点を許さず1-0で逃げ切り勝ち。

3連勝でSWHLが準決勝進出を決定。フウガドールすみだはSWHLに3度目の正直とすることはできなかった。

もう一方の試合はLaufenが5-1の快勝でラストを飾った。

グループD:日本リーグ勢対決を制した福井丸岡RUCKがそのままの勢いで3連勝!

第1試合

ウノフットDIONE 1-4 府中AFCプリメイラ
福井丸岡RUCK 9-0 シュラインレディース

0-1ビハインドで折り返した府中だったが、後半立ち上がりに追いつくと終盤に3得点を奪って逆転勝ち。日本リーグ勢がそれぞれ勝利した。

丸岡RUCKは立ち上がりから得点を重ねて9-0の圧倒的勝利。ユース五輪から帰ってきた高校生組もベンチから外れたGK小林を除いてはFPは全員出場。得点も決めている。

第2試合

府中アスレティックFCプリメイラ 2-4 福井丸岡RUCK
シュラインレディース 3-5 ウノフットDIONE

府中AFCと丸岡RUCK、1勝同士の日本リーグ対決は、まず府中が先制。

しかしカウンターで抜け出た13.高尾のゴールで追い付くと、ユース五輪でも活躍した14.前田のゴールで逆転。

更に後半は日本代表の9.北川、13.高尾が追加点を決める。パワープレーの守備にはヒヤヒヤしたが、府中の反撃を1点に抑えて丸岡RUCKが逆転勝利!


しかし隣のコートではウノフットも逆転勝利でまだ1位は決まらない。うなだれる府中の選手たちだが、ウノフットが勝ったことと最後にパワープレーで1点返したことで、他力にはなるがまだ決勝トーナメント進出に可能性を残している。もし勝点6が3チーム並ぶ事態になれば、総得点で一歩優位に立っている。

2試合を終えた時点での順位表、単独首位に立つのは丸岡RUCK。しかし最終戦でもし丸岡がウノフットに敗れ、府中がシュラインに勝利すれば3チームが勝点6で並ぶことになる。その場合、次に順位を決めるのはリーグ全体の得失点差ではなく「当該チーム間」での直接対戦成績と得失点差、そして総得点となる。


ややこしいので「当該チーム間」での星取表を抜き出してみる。表上は全チーム勝ち星が1しかないが、全チームシュラインレディースに勝っている前提なので勝点6となる。

この時、直接対戦成績は丸岡が府中に勝ち、府中がウノフットに勝ち、ウノフットは丸岡に勝ちと三つ巴状態で順位を決められない。そこで次に重要なのが得失点差と総得点だ。

1点差でウノフットが勝った場合は丸岡と府中は得失点差でも並ぶが総得点で府中に分がある。丸岡が総得点で府中を抜くには3ゴール以上が必要だ。もちろん、これはもしも負けた場合を想定しているので引き分け以上で文句なしの1位を確定。

ウノフットは得失点差、総得点で他の2チームを上回るには5点差以上か6-2以上の4点差が必要になる。丸岡相手に厳しい条件だがまったくのノーチャンスではない。

第3試合

ウノフットDIONE 0-4 福井丸岡RUCK
シュラインレディース 3-2 府中アスレティックFCプリメイラ


丸岡RUCKはここまでベンチに入れていたGK3枚も含めて大幅にメンバーを入れ替え、ターンオーバーで第3戦に臨む。

この日の応援席にはベンチを外れたメンバーに、トランペットに、恐竜!?


さらに虹色合唱団(笑)までが丸岡の応援を盛り上げる。立ち上がりから9.北川、10.池内がゴールを決めて3-0で折り返し。

後半、ユース五輪代表の20.小林がゴールを守りきり今季ほとんど出場のなかった5.五十嵐が追加点。

理想的なターンオーバーで3連勝した丸岡RUCKが連覇を目指して順調に準決勝へと駒を進めた。

府中アスレティックFCプリメイラは結局シュラインレディースに敗れ、たとえウノフットが丸岡に勝ったとしてと決勝トーナメント進出はならなかった。丸岡以外の3チームは勝点3の三つ巴で並んだが、府中が得失点差で優位に立ち2位となった。



スポンサーリンク


準決勝進出の4チームが決定!

というわけで準決勝の組み合わせ決定が決定しました。

11/4(日) 10:00キックオフ
ビークス石川レディース vs アルコイリス神戸
SWH Ladies vs 福井丸岡RUCK

準決勝は両ブロックともきれいに「北信越 vs 関西」という構図となり、今年は関東や東海のチームから1チームも進むことができませんでした。せっかくの全国大会、ベスト4はすべて違う地域から出てきてくれたらという期待も込めていたFUT-LOG的プレビューの予想的中率は50%。微妙ですね(^^;;

次の記事
‪【ビークス石川と福井丸岡RUCKが3位、決勝は兵庫県対決】JFA 第15回全日本女子フットサル選手権 準決勝

【まず1冠!アルコイリス神戸が5度目の優勝を飾る!!】JFA 第15回全日本女子フットサル選手権・決勝戦


関連記事

11/2開幕!第15回全日本女子フットサル選手権プレビュー 〜注目チームとベスト4進出予想は!?

【体育館情報データベース特別編】全日本女子フットサル選手権の会場・いしかわ総合スポーツセンターってどんなアリーナ?

【全国大会出場はVEEX、府中、そしてすみだ】JFA 第15回全日本女子フットサル選手権 関東大会

【福井丸岡RUCKが悲願の初優勝!】第14回全日本女子フットサル選手権 決勝戦

第13回全日本女子フットサル選手権・後編 〜決勝トーナメント

第12回全日本女子フットサル選手権 大会3日目決勝トーナメント


参考記事(動画あり)

https://youtu.be/YE5rx1TPALY

第15回全日本女子フットサル選手権大会が開幕 前回女王の福井丸岡ラックが2連勝 | JFA

【試合レポート】第15回全日本女子フットサル選手権1次ラウンドグループA|PANNA-FUTSAL

【試合レポート】第15回全日本女子フットサル選手権1次ラウンドグループB|PANNA-FUTSAL

【試合レポート】第15回全日本女子フットサル選手権1次ラウンドグループC|PANNA-FUTSAL

【試合レポート】第15回全日本女子フットサル選手権1次ラウンドグループD|PANNA-FUTSAL


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

スポンサーリンク