FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【魅せるプレーとはなにか…?】ゼビオ静岡県F2部リーグ 第2節 LION×アグレミーナ浜松サテライト

2017年7月8日(土)

この日は墨田・浦安でFリーグ初の試み6クラブ共同開催 J SPORTSシリーズ/AbemaTVシリーズが開催。しかし浦安に2日連チャンはちょっとキツイな…ってことで土曜はこちらへ。初めてきました御殿場市体育館!

アグレミーナ浜松サテライトが参加する静岡県フットサルリーグ2部。着いた頃には地元F.A.N.G snarlと今季昇格したDUVAS FUTSAL CLUBの試合のハーフタイム。

3-2のDUVASリードで迎えた後半、F.A.N.Gが5-3と逆転すると相手を5ファウルに追い詰めたDUVASが追いつき5-5へ。しかし、終盤にF.A.N.Gが一気に4点を追加し9-5で終了というなかなかに大味な内容にσ(^_^;) しかし地元F.A.N.G snarlの勝利に会場はかなり盛り上がったのでよかったのかな。

さて、次はいよいよ目当てのアグレミーナ浜松サテライトが登場。今シーズン、メンバーが一気に増えた浜松サテ…と思ったら怪我人続出でベンチ入りメンバーは10人ギリギリ(31.名倉選手も出場しなかったので実質9人)アップ前には銀島選手の声かけでベンチ外の選手も含めて全員で円陣。


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


ゼビオ静岡県F2部リーグ with KIRIN 第2節

2017年7月8日(土) @静岡県/御殿場市体育館

試合結果

LION 2-12 アグレミーナ浜松サテライト(前半1-5)
公式試合記録

LION得点者:24.陰平、24.陰平
‪浜松サテ得点者:35.和久田‬、40.塩浜、46.銀島、32.鷲北、46.銀島、33.増井、32.鷲北、35.和久田、40.塩浜、43.磯田、43.磯田、43.磯田


浜松サテのスターティング5はGK23.佐野、32.鷲北、35.和久田、40.塩浜、46.銀島。FPは全員、今季からの新メンバーでスタートする形となる。

この日はトップチームも試合があったのでサテライトチームの豊島監督はコーチとしてそちらに帯同。チームの指揮は剣持、曽根田の両プレイングマネージャーが務める。

出場時間は鷲北、和久田、銀島の3選手がかなり長め。基本的にはこの内の2人が必ずピッチに立っているようにローテーションされていた。

若手とはいえ元々トップチームでFリーグを戦っていた選手、やはり県リーグでは一段二段、レベルの高いプレーを見せる。

立ち上がりから試合を支配した割には、先制点は少し遅めの前半8分、43.磯田のミドルシュートをゴール前で35.和久田がヒールでコースを変えて流して込む。

そこからは11分に40.塩浜のシュートがDFに当たってコースが変わってゴールすると、続いて12分に46.銀島が右サイドを独走、ドリブルシュートを決めて一気にリードを3点に広げる。

しかしここでLION 24.陰平に自陣深い位置でボールを奪われ、そのままズドン。イージーなミスで1点を返される。それでも直後に32.鷲北がゴール、追随を許さない。

更に17分には46.銀島が40.塩浜の落としのパスを受けてミドルシュート。前半だけで5得点を奪った浜松サテが5-1とリードして前半を折り返す。


浜松サテは後半、GKを23.佐野から38.岩﨑に交代。ハーフタイムから気合は十分。

後半も立ち上がりから浜松サテが順調にゴールを重ねていく展開。まずは23分、46.銀島→35.和久田→33.増井、きれいに左右に振ってのファー詰めゴールを決めると、

更に右サイドの46.銀島からのパスにダイレクトで32.鷲北。コートをワイドに使った攻撃が活きる。

27分には自陣でしっかりとボールを回して相手のプレスを回避し、最後は35.和久田がゴール。浜松サテが順調に追加点を重ねて8-1。

しかしここで浜松サテがPKを献上。ゴレイロ38.岩﨑の見せ場だ!と言いたいところだったが、さすがに元DELIZIA磐田の24.陰平にきっちりと決められる。

1点は返されたものの、ペースを相手に渡すことはなく、30分にはヘドンドでのボール回しからマークを外した33.増井がシュート、GKが弾いたところを40.塩浜ヘディングで押し込み9点目。

そして43.磯田が32、35分、39分と三連続ゴールでハットトリック。1点目は左サイドを縦突破しそのままドリブルシュート、2点目はボールを取られそうになりながらも粘って粘って立て直し、和久田に当ててリターンパスを押し込む、最後は相手の足が止まってきたところに37.山本かカウンターを仕掛け最後は磯田か流し込んだ。

自陣での致命的なボールロストや、リードしているにもかかわらずペナルティエリア内で不用意なファウルを冒すなど甘さも出たが、終わってみれば12-2とアグレミーナ浜松サテライトが大勝。なかなか勝ち切れなかった昨季とは違って、開幕2連勝と好調なスタートを切った。



アグレミーナ浜松サテライト、12-2の勝利は「快勝」と言っていいでしょう。特に後半の方が4人で取ったゴールが多くてよかったかなと思います。F落ちの3人だけじゃなくて増井選手や塩浜選手、磯田選手などが万遍なく活躍していたのも後半でした。

ただ、昨シーズンとは試合結果はぜんぜん違って順調な滑り出しなんですけど、全体に感じる「元気のなさ」はやっぱり同じなんだよなぁ。そういう意味では前の試合のF.A.N.G snarl vs DUVASの方が観ている人は熱くなる試合だったのかも。


この翌日には浦安へ今度はトップチームを応援に。2日連続で観戦して思うのは、当たり前かもしれないけど、そうじゃなくっちゃ困るんだけど、例え12点決めて勝ってもやっぱり県リーグよりFリーグの方が面白いなぁ、ということ。

チームとして結果を求めながらも、個々人が目指す舞台はあそこにある。それは忘れちゃダメだよね。 また、いまいる場所がそうでなくても、その目指す舞台に相応しい「魅せるプレー」はできるはずではないかなと。

そして「魅せる」とは何も技術的なことに限ったものではないのではないか、と思うのです。 難しいことだとは思うけど… がんばれ若者たちよ(۶•̀ᴗ•́)۶


アグレミーナ浜松サテライトは7/30(土)のトップチームホームゲームの前に浜松アリーナで県2部リーグ第3節を戦います。みなさん、この日はちょっと早めに来てぜひ未来のFリーガーにも声援を!!


関連記事


参考記事


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村