FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【サイコロが開幕戦を勝利で飾る】GAViC女子Fリーグ 第1節 さいたまSAICOLO×エスポラーダ北海道イルネーヴェ

2018年6月2日(土)

2018年も早くも6月に突入。もうすぐ半分が終わってしまいます… 6月はフットサルにとって「開幕の月」1週間早くオーシャンカップが開幕した男子Fリーグに続いて、日本女子フットサルリーグの2シーズン目が開幕。アリーナ立川立飛に観戦に来ました。


相変わらず外からは何やってるか分からなーい。今日やってるのは大相撲じゃなくてフットサルなはずですけど!?

それでも2シーズン目を迎えた日本女子フットサルリーグ、大会冠スポンサーにGAViCがついて、さらに「たけやま3.5」というアイドルグループがオフィシャルサポーターに就任。

女子フットサルのトップリーグとしても「ネクストレベル」へ!と、期待したいところですがこの開幕戦からして開催概要や案内がギリギリまでリリースされないし、会場内もパンフレットを売ってるのか売ってないのか分からないし、「たけやま3.5」のことも結局リーグ側からは何のアナウンスもありませんでした。

うーん… 男子も女子も両方ともだけど、ホントに大丈夫かFリーグ!?情報発信の観点では、むしろだんだんレベルが下がってきているような気がするんですけど😥


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


GAViC presents 日本女子フットサルリーグ2018 第1節 さいたまSAICOLO vs エスポラーダ北海道イルネーヴェ

‪2018年6月2日(土) 11:00 @東京都/アリーナ立川立飛


試合結果

‪さいたまSAICOLO 5-1 エスポラーダ北海道イルネーヴェ(前半3-1)‬

公式試合記録

さいたま得点者:9.安、6.木原、7.秋田谷、9.安、14.初見
北海道得点者:10.佐野川



さいたまSAICOLOのメンバーは1.内田、2.小島、4.河村、5.坂本、6.木原、7.秋田谷、9.安、10.堀田、11.吉川、12.吉村、14.初見、16.筏井。女子Fリーグは今季もベンチ入りは12名。キャプテン8.髙橋彩子はこの試合ベンチ入りせず、新加入の4.河村、16.筏井が入った。


昨シーズン、イルネーヴェが日本リーグに参入したばかりでの対戦では、4-0でサイコロが完勝。結局日本リーグでは1勝も上げることができなかったが、同じようにプレ大会ではなかなか勝てなかった府中が昨季リーグ1位にまで躍り出たように、やってみるまでは何が起こるかわからない。


前半


就任4年目となった小野直樹監督が選んだスターティング5はGKに12.吉村、FP2.小島、7.秋田谷、10.堀田、14.初見。1stセットはこれに4.河村を加え、そして2ndセットには5.坂本、6.木原、9.安、11.吉川+16.筏井と、新加入2人をそれぞれ振り分けて5人ずつでローテーションさせる。

前半2分にはさっそく16.筏井りさがピッチイン。ついこの間までなでしこ1部リーグ・浦和レッズレディースでプレーしていた選手のまさかのフットサル転向だ。

2ndセットに変わった直後、左サイドキックインからのチョンドンシュートで9.安のゴール。先制はサイコロ。

セットプレーからの得点で幸先の良いスタートを切ったサイコロだったが、この後はお互いになかなかパスが繋がらずゲームはやや停滞気味に。まぁ、開幕戦らしいと言えばらしい展開だ。


パス回しで相手をなかなか崩せないとなれば、より一層活きてくるのが強肩ゴレイラ12.吉村史のロングスローだ。この日はとくによく飛んで、精度もバッチリ!


もうひとりの新加入選手、4.河村瑞紀はその長身を活かしてピヴォの役割を期待されているのだろうか?11.吉川ともう1人、吉村のスローを収めてくれる選手が出てくればサイコロの攻撃のオプションも広がるだろう。


前半9分には右サイドのCKからゴール前の混戦に飛び込んだ6.木原が押し込んで2点目。セットプレーで2点を先行し、試合運びが楽になった。ここでリードを広げられた北海道がタイムアウト。

サイコロが2点を先行する展開だが、パス回しの連携や1対1で北海度を圧倒しているとは言い難い。タイムアウトで守備を修正した北海道のカウンターやセットプレーにあわやGKとの1対1まで持ち込まれ、相手のシュート精度不足に助けられる場面も何度か続いた。



しかし、そんなラッキーが何度も続くはずはなく、何度目かのカウンターで抜け出した10.佐野川にGKとの1対1を決められて失点。


前半終了間際に1点を返されたことで、後半に向けて北海道が勢いを取り戻すかと思われた数十秒後、7.秋田谷が左サイドを縦に突破するとそのままトゥーキックでGKの脇を突きゴール!北海道の反撃ムードを挫いて前半を折り返す。


スポンサーリンク


後半


1-3で迎えた後半の立ち上がり早々、北海道をトラブルが襲う。ハイボールの競り合い時に倒れこんだGKの12.梅田が、頭を打ったのか起き上がることができずそのまま交代。


思わぬ形で途中出場となった21.山本だが、鋭い反応を見せてサイコロのシュートを何本もブロック。なかなかゴールを割らせない。


30分にも左サイドを抜けた5.坂本のシュートパスから11.吉川のファー詰め、ゴール前混戦からの6.木原のシュートとサイコロの連続攻撃をGKが身体を張ってブロック。しかし最後には9.安のミドルシュートが突き刺さる。


リードを3点に広げたサイコロはここでGKを内田に交代。リードしてる状態での交代はGKにとっては逆に難しいシチュエーションだが、危なげなくゴールを守る。



そして試合終了間際の39分、7.秋田谷のシュートパスに5.坂本が詰め、弾かれた跳ね返りを14.初見が押し込みダメ押し。


結果は5-1でサイコロが2018年のオープニングゲームを勝利で飾った。



いよいよ今年も開幕してしまいました。日本女子フットサルリーグ。再来週には男子Fリーグも関東女子リーグも開幕するし、これからまた忙しくなるなぁ💦


トリムカップの埼玉県選抜を挟んではいますが、さいたまSAICOLOとしての試合を見るのは本当にひさしぶり。スロースターターなので心配してましたが、まずは開幕戦勝利でなによりです(๑•̀ㅂ•́)و✧


注目していた新加入の16.筏井りさ選手。公式戦初ゴールとは行きませんでしたが、俊敏な動き、視野の広さ、身体の強さなどさすがは元なでしこリーガーという片鱗を随所に見せてくれました。今後、フットサルにより順応して活躍してくれることを期待です。



スコアは昨年と同じ4点差ではありますが、しかし北海道は昨年よりも手強く感じました。サイコロがセットプレーで先制できてなかったら、1点を返された直後に秋田谷選手のゴールで突き放せていなかったら、後半はまた違った展開だったかもしれません。

流経大メニーナ龍ケ崎が新規参入し、8チームになった女子Fリーグ。さらに昨季下位に沈んだチームも地力を上げてきて、今季はより混戦になるかも!?その新規参入・流経大メニーナが昨季女王のアルコイリス神戸に挑む第2試合に続きます。

http://www.fut-log.com/entry/w-fleague2018_1_arcoiris


関連記事


参考記事

GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018 第1節(立川)1日目結果 | ニュース | 日本女子フットサルリーグ公式サイト

【女子Fリーグ2018】2シーズン目が開幕! オープニングマッチはさいたまが北海道に5-1で勝利 | FUTSAL X

【試合レポート】GAViC presents日本女子フットサルリーグ2018さいたまSAICOLO vs エスポラーダ北海道イルネーヴェ - 女子フットサル|PANNA-FUTSAL

【試合後記者会見】第1節さいたまサイコロ - 女子フットサル|PANNA-FUTSAL

【試合後記者会見】第1節エスポラーダ北海道イルネーヴェ - 女子フットサル|PANNA-FUTSAL


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村