FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【SAICOLOは初参加のエスポラーダ北海道に快勝、連戦を制す】日本女子フットサルリーグ第2節

2017年6月18日(日)

関東リーグの翌日、2日連戦となるSAICOLOを追いかけてこの日は浦安市総合体育館へ。昨シーズン、浦安vs浜松の試合は小田原で共同開催だったのでここには来なかったんですよね。


「プレ大会」が取れて今年から本格スタートの日本女子フットサルリーグ。一部の試合は有料開催となり、今回はFリーグ・バルドラール浦安 vs ペスカドーラ町田戦と共同開催という位置付けになりました。観戦するにはFリーグのチケットが必要になります。

しかしその分、集客は厳しいか… 第1試合のスタンドにいた観客はざっと見回して100人にいくかいかないかというところ。この日はバルドラール浦安ラス・ボニータスの試合もないので本座の5時間も前に来る人はそりゃ多くはないですよね。浦安 vs 府中という、男子Fリーグと同カードの試合が組まれている来週の開催ではもっと多くの人が集まるといいんですけど。


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


日本女子フットサルリーグ2017 第2節

2017年6月18日(日) @千葉県/浦安市運動公園総合体育館

第1試合 エスポラーダ北海道イルネーヴェ 0-4 さいたまSAICOLO(前半0-3)

公式試合記録
北海道得点者:なし
サイコロ得点者:14.初見、7.秋田谷、5.坂本、9.安


日本リーグ初戦は浦安に2-4で敗れて落としているSAICOLO。連戦で体力的には厳しいが、日本リーグ初勝利を狙う。12人しかベンチ入りできない日本リーグでは前日の関東リーグから1.内田と13.小林が外れた。


発足したばかりでプレ大会には参加できず、今季からの参入となるエスポラーダ北海道イルネーヴェ。何年か前の男子トップチームと同じユニフォームのデザインだが、SVOLMEのシャツは女子選手にもよく似合う。


SAICOLOのスターティングメンバーはGK12.吉村、FP2.小島、7.秋田谷、10.堀田、14.初見。セカンドセットは6.木原、8.髙橋、9.安、11.吉川。ファーストは7.秋田谷、10.堀田、14.初見をセカンドは6.木原、9.安、11.吉川を中心にして2.小島、4.内田、5.坂本、8.髙橋をそれぞれのセットにローテーションで組み込んでいく形。

前半はSAICOLOのゴールラッシュとなる。キックオフから1分半というところ、キックインから14.初見が思い切りよく放ったミドルシュートが決まって先制すると、

そこからわずか1分後、相手コーナーキックからのシュートを2.小島が体を張ってブロックすると、このボールがピタリと止まってカウンターのチャンス。ボールをさらって駆け上がる14.初見から、最後は7.秋田谷に渡ってGKとの1対1を冷静に決める。

リードしても攻撃の手を緩めないSAICOLO。波状攻撃を仕掛けるも2回連続でバーに跳ね返されるようなシーンもあったが(どうせなら3回目のシュートもポストに当たって欲しかったがこれは枠をわずかに外れる)

前半終了間際に5.坂本がカットインからのミドルシュートを突き刺し3点リードで折り返し。これは奇しくも前日の関東リーグと同じスコアだ。

そして後半になると追加点が取れなくなってしまうところまでそっくりな展開。狙い通りの展開に持ち込んでもフィニッシュで精度を欠いて天を仰ぐ。そんな場面を繰り返しているとにわかに北海道のペースに。SAICOLOはさすがに足が止まってきたか?

残り時間が5分を切ろうとするところでSAICOLOがタイムアウトを取ると、その後のファーストプレーで9.安が待望の追加点。GK12.吉村からのロングスローを11.吉川が収めると、落としたパスに走りこんでミドルシュート。得意の形が見事にはまる。

一方的な展開に苛立ちが募ったか北海道10.佐野川選手が立て続けに警告を受け、イエローカード2枚で退場となる。

更にこれが北海道6つ目のファウルとなりSAICOLOに第2PKが与えられるが、この絶好のチャンスを決めることができず。残り1分強も1人少ない相手に追加点を奪えないままタイムアップ。圧倒した内容からするとスコア的には物足りない結果となったが、厳しい2連戦を見事完封連勝で乗り切った。



第2試合 福井丸岡RUCK 16-0 Futsal Clube UNIAO Ladies(前半9-0)

公式試合記録
RUCK得点者:2.横山、19.山川、9.北川、11.小林、17.荒井、19.山川、13.高尾、OG、10.池内、17.荒井、19.山川、18.北嶋、13.高尾、11.小林、13.高尾、7.田中
UNIAO得点者:なし


参加チームが奇数のために北海道での開幕戦は試合がなかったプレ大会王者・福井丸岡RUCKがいよいよ登場。


プレ大会では1勝も上げることはできなかったUNIAO。しかし昨年の全日本選手権ではRUCKと同組を勝ち上がり、ベスト4に進出している。


第1試合もSAICOLOの完勝と言える内容だったが、第2試合はそれを遥かに上回るワンサイドゲームとなってしまった。立ち上がりからRUCKのゴールラッシュが止まらない。

開始からたった1分での9.北川の落としのパスに反応した2.横山のゴールに始まり、19.山川が左サイドを深くえぐってクロスを上げると、シュートの跳ね返りを自ら押し込んで2点目。10.池内→19.山川→9.北川とお手本のように左右に振ったコンビネーションゴールに、11.小林の意表を突いたトゥーキックミドルシュートと、なんと開始3分間で4ゴールが決まってしまう。

昨年から今年にかけて、主力を張っていた高校生メンバーが大学に進学してもチームに残ったRUCKはメンバーがほとんど変わらず、中学生だったメンバーが成長して層にますます厚みが増している。逆にUNIAOはメンバーの入れ替わりがあり、中でも大きいのはチームの大きな特徴だったGK16.上杉の退団だろう。この日は15.藤田がゴールマウスを守った。

立ち上がりにポンポンとゴールが決まった試合ではよく観客席で「このペースだと今日は20点くらい決まっちゃうんじゃない?」なんて会話がなされるのだが、実際はなかなかそうはならないことは先のSAICOLO戦が証明している。しかし、この日のRUCKはこれ以降もほとんどペースを落とすことなく得点を重ねていく。

17.荒井がUNIAO陣内で緩くなった相手の横パスを攫ってダイレクトシュートを決めれば、19.山川がキックインから縦パス受けてから反転、二人の間を抜けてペナルティエリアに進入するとそのまま豪快にゴール。更に13.高尾がゴール前で19.山川から横パスを受けると、強烈なシュートをニアハイに突き刺す!その直前に同じようなシーンでGK正面に打ってしまった山川に近距離のシュートはこう打つんだよと教えてあげるようなゴール。

さらに、左サイドからの速いクロスがUNIAOのオウンゴールを誘い8失点目となったところでGKが15.藤田から今季新加入の1.加藤に交代。しかしその直後に10.池内に追加点を許し9失点目。その後はミドルシュートへの反応に安定感を見せ、5分間は追加点を与えることなく前半を折り返した。

GKを替え、ハーフタイムに修正し、後半せめて一矢を報いたいUNIAO。しかし次のゴールはまたもRUCK。23分に17.荒井のゴール。前プレで追いかけるとUNIAO最後尾のトラップが大きくなり、それをそのまま押し込む。さらに24分には19.山川のシュートがDFに当たり、これが絶妙なループシュートとなってついに10点目。運すらもRUCKに味方するのか…

10-0のまま後半10分を過ぎるとRUCKはGKを1.浅野から16.鵜飼に交代。大量リードでチームのDF意識が緩みがちなところに途中出場と、GKにとっては難しいシチュエーションだったが直後のピンチもしっかりセーブ。1ゴールさえも許さない。

UNIAOはどんなにやられてもロングボールに逃げることは極力せず、徹底して最後尾から攻撃を組み立てようとしていた。しかし何点リードしようともプレッシャーを緩めることのないRUCKを相手に選手たちは混乱していたように見える。それでも頑なに戦術を変えないのは1年を通したチームの成長を睨んでのことか。

しかし、やはりプレッシャーに甘くなった横パスを18.北嶋に奪われるとそのままGKとの1対1を流し込まれて11点目。

UNIAOはここで4.市原をGKにパワープレーを開始。昨年ならばGK16.上杉がそのまま攻撃参加していたシーンだ。市原はパワープレーのGK役にまだ不慣れなようで上がるタイミング、パスを待つポジショニング、すべてが恐る恐ると言った感じ。

その不安はチームにも伝染し、自信のないパワープレーなど恐るるに足らず。13.高尾、11.小林、13.高尾と連続パワープレー返しが決まると最後は5.五十嵐不在の中で守備の要として貢献していた7.田中もパワープレー返しのゴール。田中監督に最高の父の日のプレゼントを贈った。

試合は16-0で終了し、プレ大会王者・福井丸岡RUCKが真の初代チャンピオンを目指して好スタートを切った形となった。



RUCK強し… SAICOLOの2連勝が霞んでしまうような大量ゴールで見事に全日本選手権の借りを返した格好となりましたね。

しかしそれにても、トップリーグとしては稀に見る大差のついた試合となってしまいました。ここからUNIAOがどう立ち直っていくのかも注目していきたいところです。

昨年は東北と東海地方でばかりの開催だった日本女子フットサルリーグ。今回初めて関東で行われましたが、認知度も集客も思った以上に厳しそうです。来週はホームチームのバルドラール浦安ラス・ボニータスが登場する上に男子・女子が同じカードで府中アスレティックFCと対戦。ここはさすがに500人は入って欲しいなと思いますが、さてどうなるでしょう。


日本女子フットサルリーグ第3節は7/1(土)にSAICOLOのホームアリーナさいたま記念総合体育館で開催されます!下見してきましたがすごく立派な体育館でした。ここもたくさんの観客でにぎわって欲しいです。

SAICOLOの相手は関西の女王arco-iris KOBE。昨季プレ大会では見事な勝利を収めましたが、まだまだ地力は相手の方が上な気がしています。ホームの声援を力に変えて、がんばれさいたまSAICOLO(๑•̀ㅂ•́)و✧


関連記事


参考記事

日本女子リーグ さいたまSAICOLO参戦 初代王者目指し奮闘/毎日新聞

さいたまSAICOLO・Facebookページ

福井丸岡RUCK公式サイト

福井丸岡RUCK・田中監督Facebook

【試合レポート】日本女子フットサルリーグ第2節エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs さいたまSAICOLO|PANNA-FUTSAL

【試合レポート】日本女子フットサルリーグ第2節福井丸岡RUCK vs Futsal Clube UNIAO Ladies|PANNA-FUTSAL

【試合レポート】バルドラール浦安ラス・ボニータス vs 府中アスレティックFCプリメイラ|PANNA-FUTSAL


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村