FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【SAICOLO初のホームゲームで女王アルコイリスに勝利!】日本女子フットサルリーグ 第3節

2017年7月1日(土)

ようやく梅雨らしい雨の降る土曜日、出かけるには憂鬱な天気ですがこの日は日本女子フットサルリーグ第3節へ。好調スタートを切った浜松×大阪の試合も気になりますが、ここはさいたまSAICOLOが初開催するホームゲームを選びました。ごめんねアグレミーナ。

さいたま市記念総合体育館、桜区役所や図書館なども併設されたなかなか立派な体育館です。フットサルをやるにはちょうどいい感じの箱ですが、興行対応はあまり意識された造りではないのか室内履きが必要でした。

受付ロビーの売店ではホームチームのさいたまSAICOLOの選手たち自らが物販対応!本日限定デザインのタオルもありました♪

よし、勝ったらご祝儀にぼくも何か買っていこう(^^)


さいたまで初開催となる日本女子フットサルリーグを地元の皆さんと盛り上げるために、この日は地元のチアダンスチーム・SAKURA ANGELSが毎試合前とハーフタイムにパフォーマンスを披露。

選手入場時にはそのチアたちが花道をつくってお出迎え。この日の全3試合でこうやってパフォーマンスしてくれて、1日長かったね。お疲れ様でした!


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。
※府中AFCが2016/12/2に 女子選手との写真撮影について注意事項をアナウンス していますが、これは試合中の写真撮影についてクラブ単独で制限するものではなく、試合中の写真撮影については大会規約に准ずる旨を確認しています。


日本女子フットサルリーグ2017 第3節

2017年7月1日(土) @埼玉県/さいたま市記念総合体育館

第1試合 エスポラーダ北海道イルネーヴェ 1-4 バルドラール浦安ラス・ボニータス(前半1-3)

公式試合記録
北海道得点者:15.白戸
浦安得点者:4.四井、13.阿部、13.阿部、9.江川


今季から参入し、ここまで開幕2連敗中のエスポラーダ北海道イルネーヴェ。前節SAICOLO戦で10.佐野川が退場、今節は出場停止となる。

念願のホームゲームでは府中AFCプリメイラに敗れてしまい、ここまで1勝1敗の浦安。もうひとつ残ったこのFクラブ同士の戦いではぜひ勝利を収めたいところだろう。


前節、SAICOLOに0-4と完敗した北海道だったがこの試合ではGKの先発を21.山本から12.梅田に変更。浦安のシュートをよく止め、守備が安定したことで前節よりは北海道も人数をかけた攻撃の時間をつくれている。

すると前半8分、8.阿部のシュートを15.白戸がゴール前で触って北海道が先制!

しかし浦安も4.四井のゴールですぐさまに追いつくと、17分と18分には13.阿部の連続2ゴールで逆転に成功。浦安の2点リードで折り返し。

後半、浦安はGKを2.長島から12.小関に交代。ハーフタイムには昨季現役を引退した本多GKコーチから熱心な指導を受けていた。前半に引き続いて浦安が主導権を握り続けるが、追加点が決まらず時間が過ぎていく。

残り1分というところで4.四井のスルーパスに抜け出た9.江川がようやくゴールし、浦安が1点を追加して勝利。

今季の浦安の個人的注目選手は17.池田。昨季終盤からグングンと存在感を増してきた女子選手では珍しいピヴォらしいピヴォ。ボールの収めどころとなるだけでなく積極的に反転、ドリブル、シュートを狙う姿勢は常に相手DFの脅威となり続ける。


第2試合 府中アスレティックFCプリメイラ 2-2 福井丸岡RUCK(前半0-1)

公式試合記録
府中得点者:7.熊坂、9.千田
丸岡得点者:11.小林、13.高尾


府中には失礼な言い方になってしまうが、この試合が1位、2位の直接対決となるとは誰が予想しただろう。神戸、浦安を相手に連勝を飾り大躍進中の府中AFCプリメイラ。

プレ大会チャンピオンの丸岡RUCK。前節ではUNIAOに16-0とまさに大勝。消化試合が1試合少ないながらに2位につける。


キュッキュッと靴が体育館の床を擦る音が響く。空調は効いているものの、それでも湿度が高いため靴やボールが床に引っかかり、第1試合以上に選手たちはやりにくそうだ。

グリップしすぎる床のせいか、それとも府中のインテンシティ高いDFの為せる技か、なかなか自分たちらしさを出せない丸岡RUCKの選手たち。

スピード感溢れるシンプルな攻撃、幼馴染同士の鮮やかな連携、前線からプレスをかける若さ溢れるディフェンス、そういったRUCKらしさが鳴りを潜めてしまっていた。11.小林のゴールで先制はしたものの、後半もこのままなら勝負の行方はわからない。

前半に続いてなかなかリズムに乗れない丸岡の選手たち。そんな中、1人気を吐いたのは高校1年生の19.山川。反転からドリブルで持ち込み、積極的にシュートを狙っていく。

府中にカウンターを受け、GKまで躱され絶体絶命のピンチを19.山川がゴールまで必死に戻ってクリアー、すると直後に13.高尾がついに追加点を挙げる。

あのDFには1点分の価値があった。クリアーした山川自身も、まるでゴールを決めたかのようなこの表情。

苦しみはしたものの、やはりこのまま丸岡の勝利で終わるのかと思われたところ…35分、38分と立て続けにロングシュートで反撃!!

府中がプレ大会王者を相手に2点ビハインドを追いつきドローに持ち込む。2勝1分の負けなしで首位の座をキープ!これでリーグの行方はわからなくなってきた。


第3試合 さいたまSAICOLO 3-2 arco-iris KOBE(前半2-1)

公式試合記録
サイコロ得点者:2.小島、8.髙橋、10.堀田
アルコ得点者:9.関灘、18.加藤


初めてのホームゲームを開催するさいたまSAICOLO。昨年の同対決では全国2冠のarco-irisに見事勝利し、3冠は阻止した。

女子フットサルの絶対王者と呼んでも過言ではないarco-iris KOBE。しかし開幕戦は府中AFCに敗戦。連敗は絶対に避けたいところだろう。


ついにホームチームのサイコロ登場、赤いサポーターもたくさん駆けつけ、客入りは日本女子リーグ最高記録の535名。

サイコロのファーストセットは2.小島、7.秋田谷、9.安、10.堀田。セカンドに6.木原、8.髙橋、11.吉川、14.初見。この日はほぼこの組み合わせで固定。

GKは強肩が武器の12.吉村、前半5分には早速得意のロングスローで前線の吉川を狙いゴール!かと思われたが、これは吉川が触ることができずスローが直接ゴールに入ったという判定でノーゴール。直後にはアルコGK1.古市もまた、こっちだってその気になれば!と言わんばかりの特大スローをゴールめがけて放ってみせる。

ピッチもスタンドも、今までの試合より2,3度ほど気温が上がったのでは?と思うほど意地と意地がバチバチぶつかり合うシーソーゲーム。まず先制したのはサイコロ、左サイドで堀田が2枚引きつけ折り返し、ゴール前で小島が合わせてゴール!

しかし、その3分後にはアルコイリスの波状攻撃から9.関灘のゴールで追いつかれる。その前に2度ポストに救われたが、さすがに運は3度味方はしてくれなかったか。

追いつかれてからはアルコの厚みのある攻撃をサイコロが身体を張って守る展開が続く。ファウルカウントも嵩みピンチとなるが、前半18分にカウンターから7.秋田谷が左サイドを切り裂くと、最後は8.髙橋のファー詰めで追加点!

しかし直後にはサイコロが6つ目のファウルを冒しアルコに第2PKを与えてしまう。12.春山の放ったシュートはGK12.吉村のほぼ正面に飛び、サイコロが1点リードのまま前半を折り返すことに成功。


後半は立ち上がりから1点ビハインドのアルコイリスの怒涛の逆襲を仕掛ける展開に。しかし22分、10.堀田の特大チーラが前がかりになっていた相手GKの背後を突きゴールイン。大きな追加点を挙げる。

前線からアグレッシブにプレスを掛けるアルコイリスはDFラインの裏のスペースをGKが飛び出してカバーする状況が多い。その後もサイコロがロングシュートでその背後を突くシーンは多く見られ、堀田のゴールもクリアがたまたま入ったわけではなく狙い通りだったのかもしれかい。

ビハインドが2点に広がったアルコイリスは更なる猛攻を仕掛ける。後半、アルコが放ったシュートはなんとサイコロの3倍の21本。しかしこれをGK12.吉村が悉くセーブ。キャッチング率は決して高くはないのだが、逆にこれはもうダメだというシュートでも身体のどこかに当てて止めてくれる。

かつてはレッズレディースで髙橋や堀田ともプレーしたアルコイリス19.若林。さいたまの地でこのマッチアップが見られることを喜んだファンも少なくなかったのではないだろうか。

堀田のゴールから15分以上スコアが動かず、追いかけるアルコイリスにも焦りと疲れが見えてきた頃だったが、残り時間1:22というところで18.加藤がゴール。3-2と1点差に詰め寄られる。

小野監督はここで即座にタイムアウト。相手は女王アルコイリス、1分22秒で1点差は逆転負けの可能性すらある危険な状態だ。突き放すのか、守りきるのか、チームで意思統一を図る。

サイコロの選択は“逃げ切り”だった。引いて守り、マイボールになれば前線へロングボールを入れてキープして時間を稼ぐ。文字にするのは簡単だがこの時間帯では4秒のうちに最前線に駆け上がるのもしんどい。

それぞれが勝負に徹し、自分のできることを貫いたサイコロが死闘を制して今季2勝目。勝点を6に伸ばし、丸岡を抜いて3位に浮上した。



というわけで、SAICOLOが初のホームゲームを勝利で飾りました!!内容ではかなりやられていた部分もあったけど、でもだからこそ最後の1秒までどうなるかわからないハラハラドキドキな試合で見事に勝ちきりました。選手、スタッフのみなさん、そして小野監督、勝利とホームゲームの成功おめでとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

赤いサポーターもたくさん駆けつけ客入りは女子Fリーグ最高記録を更新。さいたまのゆるキャラつなが竜ヌゥも来てくれて、地元桜区のチアダンスチーム・SAKURA ANGELSも手拍子で応援しくれた。これで燃えなきゃ選手じゃないぜ(๑•̀ㅂ•́)و✧

選手たちがここまでやってくれたんですから、ぼくも男に二言はない!?帰りがけにご祝儀で紺色のプラシャツお買い上げ♪ さっそく翌日のフットサルで着て気分よくプレーできました٩( ᐛ )و

せっかくの埼玉、なにかご当地的なものを食べて帰りたかったけど今回はリサーチ不足で断念。次回の宿題としておきますm(._.)m

f:id:hiro_16ban:20170704072720j:plain

下馬評を覆す府中AFCの躍進でほんとうにどこが優勝するのか予想がつかなくなってきた第1回日本女子フットサルリーグ!次節はUNIAOのホーム、愛知県一宮市DIADRAアリーナで開催です。 府中が首位をキープするのか、UNIAOがホームで意地を見せるのか、アルコイリスの初勝利は?SAICOLOの試合はおやすみですが、こちらも見逃せないカードばかりですので東海地方のみなさんは是非お出かけください(^-^)/


関連記事


参考記事

日本女子フットサルリーグ2017 第3節 結果/日本女子フットサルリーグ公式サイト
http://w-fleague.jp/news/?p=1161

日本女子リーグ さいたまSAICOLO参戦 初代王者目指し奮闘/毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170617/ddl/k11/050/045000c

浦和レッズレディースの黄金期を作ったメンバー創設のフットサルクラブ「さいたまSAICOLO」が7月1日にさいたま市で女子Fリーグを戦う/浦和フットボール通信
http://www.urawa-football.com/post/28152/amp/

【試合レポート】エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs バルドラール浦安ラス・ボニータス/PANNA-FUTSAL
http://www.panna-futsal.com/2017/07/w-fleague2017-3rd-esporada-vs-urayasu.html

【試合レポート】府中アスレティックFCプリメイラ vs 丸岡RUCK/PANNA-FUTSAL
http://www.panna-futsal.com/2017/07/w-fleague2017-3rd-fuchu-vs-maruoka.html

【試合レポート】さいたまサイコロ vs アルコイリス神戸/PANNA-FUTSAL
http://www.panna-futsal.com/2017/07/w-fleague2017-3rd-saicolo-vs-arco.html

女子フットサル有料開催、これからの課題(有料記事)/裏PANNA-FUTSAL
http://www.targma.jp/panna-futsal/2017/07/04/post41/

日本女子フットサルリーグ2017第3節試合結果/バルドラール浦安公式サイト
http://bardral-urayasu.com/result/result-4742/

日本女子フットサルリーグ第3節/福井丸岡RUCK公式サイト

敗戦/アルコイリス神戸・小村美聡選手ブログ
http://gamp.ameblo.jp/sanctuary-mi6/entry-12288746419.html


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村