FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【女子フットサル最高峰の戦い、今年はアルコに軍配!】たけやま3.5 女子Fリーグ 第4節 アルコイリス神戸×福井丸岡RUCK

‪2019年9月15日(日)‬


前日の敗戦のショックからなんとか切り替えて、この日やってきたのは1年ぶりのグリーンアリーナ神戸。日本女子フットサルリーグの第4節にやってきました。‬

‪さいたまSAICOLOの応援はもちろんだけど、もうひとつの大きな目当てはアルコイリス神戸と福井丸岡RUCKの対戦。昨年の9月、同じグリーンアリーナで行われたこの対決は日本女子フットサル史上に残るべき名勝負になりました。‬

‪メインイベントのこの試合は第2試合。まず第1試合では府中アスレティックFCプリメイラとエスポラーダ北海道イルネーヴェが対戦。まず前半は0-0で折り返し、北海道は毎年着実に強くなっているなぁ。‬

‪後半立ち上がり、10.佐野川のショートカウンターで北海道が先制すると府中の攻撃を辛抱強く守りセットプレーから5.石戸谷、さらに府中のパワープレーにPP返しを決めて勝利!‬


‪2年連続プレーオフに出場している強豪府中を北海道が破ったことで、今年の女子Fリーグは混戦模様となってきました!北海道の選手たちみんないい笑顔😄‬



そして第2試合に向けて徐々に埋まってきた観客席。今回は応援Tシャツ付きチケットも特別価格で販売され、サポーター席を中心にして青色で染まっていました。


アルコイリス神戸も福井丸岡RUCKもどちらも強くて、上手くて、魅力的で素敵なチーム。ここはどちらともなく中立な立場で試合を楽しませて頂きましょう(^^)


 ‬ ‪※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。‬


‪たけやま3.5 presents 日本女子フットサルリーグ2019/2020 supported by GAViC 第4節 アルコイリス神戸 vs 福井丸岡RUCK‬

2019.09.15 sun 13:15 グリーンアリーナ神戸 (観客数 2465人)

試合結果‬

‪アルコイリス神戸 5-3 福井丸岡RUCK‬

公式試合記録

‪神戸得点者:18.加藤、6.小村、オウンゴール、19.若林、4.市原
‪丸岡得点者:9.北川、14.前田、13.高尾‬

試合動画


 ‬
‪何人かの主力選手が退団し、世代交代真っ最中のアルコイリス神戸。昨季までの爆発的な強さは見られず、ここまで既に1敗を喫しているなど苦しんではいるが、勝ちたきゃ走れのアルコイズムは健在なはずだ。‬


‪ここまで3連勝で首位を走る福井丸岡RUCK。昨季の女子Fリーグではプレーオフ進出を逃したが、地域女子チャンピオンズリーグでは準決勝で初めてアルコイリスを破りそのままの勢いで優勝している。もうアルコは越えられない壁ではない!?‬

前半:今回もゴールラッシュを予感させるシーソーゲーム‬


‪神戸のスターティングメンバーはGKに新加入の1.ミレリ、FPは4.市原、6.小村、7.平井、18.加藤。‬


‪対する丸岡のスタメンはGK1.浅野、2.横山(夢)、9.北川、13.高尾、17.荒井。‬


‪今シーズンのアルコイリス神戸の注目ポイントのひとつは新加入したブラジル出身ゴレイラ・ミレリ選手だ。


‪鋭い反応でのセービングに加えて、女子フットサルのGKには珍しく攻撃の組み立てに参加し、時にはハーフライン付近からロングシュートも放つ。まるで女子Fリーグ版のフィウーザ選手のようだと言えばわかりやすいだろうか。‬


‪2度目の産休からこの試合で復帰したアルコイリスの闘将・6.小村美郷。守れば高尾のシュートを身体を張ってブロックし、攻めればみずから枠内にシュートを放つ。立ち上がりからブランクを感じさせないプレーを見せる。‬


‪のっけからゴール前での激しい攻防が続いていた‬前半7分、ルーズボールを拾った9.‪北川のミドルシュートがDF2人の間を抜けてゴール。先制は丸岡RUCK。‬


‪しかしそこから1分もたたない前半8分、ボールカットから18.加藤がそのままショートカウンターに持ち込みゴール。アルコイリスが同点に追いつく。


‪さらに前半10分、‪神戸の右サイドコーナーキックからのチョンドンシュートで小村が逆転復帰弾を決める。‬

3-3の引き分けで終わった前回対戦を超えるようなゴールラッシュを予感させるシーソーゲーム。前半は2-1でホームの神戸がリードしたまま折り返し。


スポンサーリンク

後半:逆転に次ぐ逆転、最後に勝負を決めたのは古巣相手に想いをぶつけた市原伶香のボレーシュート!‬


後半、丸岡は2枚ずつのローテーションからセット替えに切り替えて10.池内、14.前田、17.荒井、19.山川の高校生セットをピッチに投入。


するとその高校生セットが早速結果を出す。23分に19.山川が右サイドから半ば強引目にシュートを放つと、


GKがこぼしたところに14.前田が飛び込みゴール。丸岡が2-2の同点に追いつく。


勢いに乗る丸岡。今度は大学生、社会人も負けてはいられない。日本代表、13.高尾の強烈シュートは神戸のGKミレリにセーブされるが、  


‪1人でダメなら2人で崩す。29分には高尾がプレスをかけて甘くなった神戸の横パスを9.北川がインターセプト、そして逆サイドに走った高尾のファー詰め。丸岡の日本代表コンビのゴールで逆転!‬

激しさを増す両チームの攻防。ここからしばらくはお互いのカウンター合戦が続く。


そして33分、丸岡からボールを奪った18.加藤からのシュートパスが丸岡DFに当たってオウンゴール。3-3の同点に。

昨年の同対決ではここから次の1点が決まらず3-3ドローで痛み分けとなった。試合終了間際にスライディングシュートが決まらなかった19.若林は床を叩いて悔しがったが今年は違う。


‬同点となった直後の34分、またも神戸が丸岡のパスをカットすると19.若林が中央からドリブルシュートを決めて神戸が逆転! ‬

この日グリーンアリーナ神戸に集まった観客は去年のそれを上回る2456名。昨季の丸岡が達成した2800人には及ばなかったが、青く染まったスタンドのボルテージは最高潮に。

そして、これだけでは終わらなかった。

35分、‪神戸左コーナーキックからの浮き玉パス。これを今シーズンに丸岡から神戸に移籍してきた4.市原伶香がダイレクトボレーシュート。


ドラマティックなゴールが見事に決まって、この日初めて点差が2となった。‬

丸岡も最後までゴールを目指したが、‪このゴールが決定打となって試合は5-3のままタイムアップ。


アルコイリス神戸が首位・丸岡の4連勝を阻むと、自身の勝点を同じ9まで伸ばした。‬



やはりこのカードは期待に違わぬ名勝負。見ていて満足度の高いゲームになりました。

今年のアルコイリス神戸はメンバーも多く入れ替わり、今までほど“圧倒的”な試合は展開できていないかもしれません。しかしそれでもアルコはアルコ、勝ちにこだわり、勝つために全員が走りきる。そのアルコイズムの真髄を見せてもらったような気がします。

アルコの新守護神・ミレリ選手。怪我も厭わない果敢な飛び出しと、先読みしてるとしか思えない鋭い反応でチームのピンチを何度も救っていました。翌日の全日本選手権関西大会ではGKにしてPKキッカーを務め、見事にゴール。ぼくはこの2日間で一気にファンになってしまいました!

‪2回目の産休を経てこの日復帰した小村美聡選手。「ママアスリートだってここまでできることを見せたい」と語っていた通り、有言実行の素晴らしいゴール。ゴールパフォーマンスは愛する家族へ向かって投げキッス😘アルコの闘将は守備でももちろん大活躍。この選手が前半のうちから脚を攣っていたなんて信じられません!‬

‪2019年は19番の年。みごとな逆転ゴールを決めて去年の悔しさを晴らした若林エリ選手。「ゴールパフォーマンスがくどいよ(笑)」と茶化したら「1点差じゃまだまだ怖いんで、気持ちは上げれるだけ上げとかないと!」とのこと。これもまた“勝つため”の振る舞いだったんですね、さすが!おかげで良い写真たくさん撮れました😉‬

‪しかもちゃーんとオチをつけてくれるところも最高です🤣「え?ちょっとみんな、切り替えはやない!?」‬


‪そしてもう1人、この試合で絶対にゴールを決めたいと強い気持ちを持っていたであろう選手がいました。市原伶香選手は古巣のゴールを貫いたボレーシュートにどんな想いを込めたのでしょうか? ‬

‪福井で過ごした1年半は必ずしも思い描いた様にはならなかったかもしれません。しかしそれは挑戦したが故の結果であり、そして彼女は今も挑戦し続けています。何が正解かなんて誰にもわからない。‬


女子フットサルをメジャーに!両チームがYouTubeチャンネルを開設‬

‪いまは年に一度しかないホームゲームだからという部分はあるでしょうが、2年連続で2000人超と男子Fリーグチームを上回る集客力を誇る両チーム。女子フットサルをもっと知ってもらうためにと、この秋からYouTubeチャンネルを開設しています。‬

ガラクタチャンネル 福井丸岡RUCK‬

‪まず先陣を切ったのは福井丸岡RUCKのガラクタチャンネル。RUCKらしい手作り感あふれる動画ですが、だからこそ彼女たちの純真さや仲の良さが伝わってくる動画になりそうです。ただ、いくら手作り感があっても画面に映ってない人のつぶやき声がボソボソ聞こえてくるのは減点ポイントかな😅‬

アルコチャンネル! arco-iris KOBE

追いかけるように始まったアルコチャンネル。まだアップされているのはPVだけですが、こちらはRUCKのとは対照的にプロっぽい仕上がり!今後どんな動画がアップされるのか楽しみです。


たけやま3.5 女子Fリーグ 第5節
10月26日(土)・27日(日)
会場:サイデン化学アリーナ

次節、アルコイリス神戸を迎え撃つのはホームチームのさいたまSAICOLO!


勝点9で並ぶ上位3チームのうち、丸岡と浦安が直接対決、そして神戸と勝点6のサイコロが対戦。ということは、ここに勝てばまだプレーオフ出場圏の3位以上が見えてくる!

会場のサイデン化学アリーナの詳細情報はこちら。


 ‬

‪関連記事‬


 ‬

‪参考記事‬‪


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

スポンサーリンク