FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【王者相手にまたも完敗…】DUARIG Fリーグ 第14節 アグレミーナ浜松×名古屋オーシャンズ

2018年9月15日(土)‬


‪この日はFリーグ第14節アグレミーナ浜松 vs 名古屋オーシャンズの試合を観に浜松アリーナへ。18:00からと少し遅めのキックオフ、あいにくのお天気でしたが室内での観戦なら快適です。9月は2節連続でホームゲームとなるアグレミーナ浜松。次の試合は焼津市での初開催ということで焼津市のゆるキャラ「やいちゃん」が来てくれていました。‬

やいちゃんの挨拶に、望遠カメラを出すのが間に合わなかったのでアップの写真はアグレミーナ浜松アナウンス部・西尾穂乃花さんのインスタ投稿を引用させて頂きます。‬


アグレックマ2018バージョンと久々の新商品、アグレックマポーチ!1個3000円です。


これもひとつひとつが、手作業で編まれたこの世にまったく同じものは2つとない作品。中にはからあげが3個くらい入ります。


そして本日のアリーナグルメはこちらも初登場、しゅうまいや四十六番さんの焼売(๑´ڡ`๑) もっちりとした皮にぎゅっとお肉が詰まっていて本当に美味しかった。


アリーナの中での販売ですが、火を使わずに蒸し器で仕上げるのでホカホカ🎵ぜひ今後も出店してほしいです!



食べていたらあっという間に試合開始時間に。キックオフ前には前節の大分戦で200試合出場を達成した7.前鈍内選手に奥様から花束のプレゼント。

松本行令選手の怪我・治療について | アグレミーナ浜松公式サイト

浜松の中では松本選手ももうすぐで200試合になるのですが、先日前十字靭帯の手術で長期離脱となることが発表され記録達成はしばらくお預けとなってしまいました。まっつん、早く戻ってこ〜い。待ってるでね!!

※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。


DUARIG Fリーグ2018/2019 第14節 アグレミーナ浜松 vs 名古屋オーシャンズ

‪2018.09.15 sat 18:00 浜松アリーナ‬(観客数 1,125人)

試合結果

アグレミーナ浜松 0-5 名古屋オーシャンズ

浜松得点者:なし
名古屋得点者:7.安藤、8.ペピータ、6.星(翔)、オウンゴール、10.ヴァルチーニョ

ハイライト動画



アグレミーナ浜松のメンバーは1.石黒、6.萩原、7.前鈍内、9.松浦、10.田中、11.中村、12.山桐、13.山元、16.須藤、17.磯田、18.山田、20.日永田、22.野嶋、27.小石峯の14名。試合前の集合写真では膝の手術で離脱した8.松本選手のユニフォームを掲げていた。


勝点40。未だ無敗の絶対王者・名古屋オーシャンズ。注目は日本代表星兄弟と、怪我から復帰した現役ブラジル代表の8.ペピータ。


前半:キックオフから名古屋オーシャンズが圧倒的攻撃力を見せつける!


浜松のスターティング5はGK27.小石峯、13.山元、16.須藤、18.山田、22.野嶋。これに20.日永田を加えた5人がファーストセット。セカンドセットは7.前鈍内、9.松浦、10.田中、11.中村に6.萩原を加えてのローテーション。


立ち上がり早々、名古屋がその攻撃力を見せつける。右サイドからのシュートパスにファーで7.安藤が合わせて、なんとファーストシュートで名古屋が先制。


更に前半5分には左サイドからのキックインのパスを受けたブラジル代表・8.ペピータがダイレクトでズドンと決める。


浜松はこの試合、ハーフに引いて守るがそこからなかなかボールを奪ってのカウンターに持ち込めない。さらに自ボールになっても名古屋の前プレを回避することもできず、押し込まれる時間帯が長く続いた。


さらに15分には右サイドをワンツーできれいに崩されフリーになった6.星 翔太のミドルシュートが決まってしまい3点差…⁦

なんとか反撃の糸口を見つけたい浜松は、相手フリーキックを防いだところからカウンターを仕掛ける。22.野嶋、6.萩原が繋ぎ、13.山元が粘ったボールを16.須藤が拾うがシュートは惜しくもポストに直撃。


さらに10.田中の絶妙な浮き玉パスが、4枚がフラットに並んでしまった名古屋DFの裏に抜けた11.中村に通る。左サイドから折り返しに9.松浦が合わせるがシュートはミートせず。

前半、シュート数がわずか8本に留まった浜松が何度か惜しいチャンスを作ったが前半残り1分、名古屋がコーナーキックを得たところでタイムアウト。


このコーナーキックからのロビングパスを10.ヴァルチーニョが逆サイドでボレーシュート。これがファーポストにいた22.野嶋に当たってゴール。0-4、完全に名古屋ペースで進む流れを変えられないままでの折り返しとなった。


スポンサーリンク

後半:アグレミーナ浜松はGKを1.石黒紘久に交代。1失点に抑えるが得点ならず完封負け。


前半、圧倒的に攻め込まれた浜松はゴレイロを27.小石峯から1.石黒に交代。なんとかリズムを変えて反撃のチャンスをつくりたい。 ⁦
早速、16.須藤かボールカットしてからそのままシュートを放つがこれはまたもポストに阻まれる。

さらにここで前半は出番のなかった12.山桐、17.磯田がこの試合初出場。総力戦でまずは1点を取りに行く。


すると1.石黒のロングフィードがピヴォに張る12.山桐にドンピシャで通る。しかし山桐の胸トラップからのボレーは惜しくもミートせず、この大チャンスも決めることができない。

更に、名古屋GKの関口がハーフラインまで上がってのロングシュート。GK1.石黒がこれを弾くとそのままダイレクトでパワープレー返しを狙うが惜しくもゴール左にわずかに外れる。

久々の出場に燃える1.石黒を中心に守備を修正した浜松がカウンターから何度かチャンスを作っていた後半だったが、28分には10.ヴァルチーニョと4.サカイのコンビネーションで崩されて5失点目。

それでもなんとか1点を返したい浜松、カウンターから9.松浦が中央でタメをつくると、左サイドを7.前鈍内が追い越す。折り返しにゴール前で11.中村のヒールシュート!しかしこれもゴール右に外れてしまう。チャンスはつくれど決まらない…


すると名古屋の攻撃に対して飛び出した1.石黒の裏に抜けたボールが、そのままゴールに入りそうになるがこれは17.磯田がゴールに身体ごと飛び込みながらも掻き出して、なんとか7失点目は防いだ。



1点が遠い浜松は試合時間を7分残して浜松パワープレーを開始。GKは11.中村、7.前鈍内、10.田中、16.須藤、20.日永田 の組み合わせ。⁦


フリーキックを含め、浜松がパワープレーからチャンスをつくる。3本連続でシュートを放つ場面もあったが、それをすべて名古屋のGK関口がギリギリのところで触ってコースをそらす。


結局、浜松は1点も返すことができないままタイムアップ。後半の追加点こそ1に留まったが、たとえ何点リードしていても最後の1秒まで気を緩めない絶対王者・名古屋オーシャンズの完全勝利だった。




ホーム戦でノーゴールに終わってしまった浜松。第2クールに入ってもなかなか勝点は積み上がらず最下位に沈んでいます。さらに今季はホームでの勝ち星も未だなし。選手もサポーターも本当の笑顔でハイタッチできる日が待ち遠しいです😔


今回の一枚は20.日永田祐作選手と!ある物を渡すために声をかけたらなんと日永田選手のスマホで写真を撮りましょうと(OvO) まさか選手のLINEを聞くわけにもいかなかったのですが、iPhoneのAirDrop機能で写真をもらうことができました。技術の進化って便利だねぇ😁

次の記事
【ラスト1分に追いつかれた浜松、最下位脱出ならず】DUARIG Fリーグ 第15節 アグレミーナ浜松×ヴォスクオーレ仙台/FUT-LOG


関連記事

‪【浜松、先制するも大分の気迫に押されて逆転負け…】DUARIG Fリーグ 第9節 アグレミーナ浜松×バサジィ大分/FUT-LOG

‪【浜松の開幕戦は王者名古屋に9失点の惨敗…】DUARIG Fリーグ第1節 アグレミーナ浜松×名古屋オーシャンズ/FUT-LOG

‬FUT-LOG アグレミーナ浜松-2018のカテゴリー記事一覧

浜松アリーナの詳細情報/フットサル試合会場 体育館情報データベース/FUT-LOG


参考記事


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

スポンサーリンク