FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【まとめ記事】アグレミーナ浜松 退団選手たちのその後について(2017~2021年退団選手)

2019/1/17作成・2022/9/24更新
記事を2012~2016と2017~2021のふたつに分けました。

出会いあれば別れあり。

この記事ではアグレミーナ浜松を退団した選手たちのその後の動向について2017〜2021シーズンの5年間分をまとめています。

アグレミーナ浜松がFリーグに参入して10年間、チームに長く在籍した選手もいましたし、そうでない選手もいました。多くの試合に出て活躍した選手もいましたし、そうでない選手もいました。

このクラブに所属し、戦ってくれたすべての選手たちの今後の人生に幸多きことを祈り、感謝と敬愛を込めてこの記事を綴ります。

もしも情報が古かったり、間違っているところがありましたらコメント欄やツイッターお問い合わせフォームからご連絡ください。選手ご本人からの報告も大歓迎ですよ(笑)


2012年~2016年に退団した選手たちについてはこちら。

アグレミーナ浜松のこれまでの試合戦績と観戦記のまとめはこちらをどうぞ。


アグレミーナ浜松 退団選手たちのその後について(2017~2021年退団選手)


2021/22シーズン退団選手

コーチ 山元 優典


2019シーズンで選手を引退したあと'20、'21と2年間コーチを務めた山元。21シーズンのファン感イベント終了後に退団が発表された。田中智基と同様、同日にボアルース長野にコーチとして加入が発表されている。

No.9 松浦 勇武


2021シーズン途中から試合に出ることはおろか、ホーム戦会場に姿を現すこともなかった松浦。気づけば松本、萩原に続くチーム3番目の古株となっていた選手の退団がこういう形になってしまったのは残念だ。シーズン終了後のフットサルゲーム会ではファンに向けて最後の挨拶があり、その中で「もうフットサルをプレーすることはないと思う」と語っている。

No.11 武田 彰


2021シーズン、名古屋オーシャンズサテライトから移籍加入したばかりだった武田。8月に不可解な謹慎処分が好評されると、謹慎は解けないまま2か月が過ぎ11月にクラブから退団のリリースがあった。シーズン途中に選手が退団することもあるかとは思うが、本人は機会を見て退団経緯の公表も示唆しており、円満退団ではないことをほのめかしている。

浜松を退団後は愛知県リーグの名古屋FCエゴイストに加入。その後2021シーズンからはバサジィ大分サテライトに移籍している。

No.14 川辺 寛悟


武田と同じく2021シーズンに名古屋オーシャンズサテライトから移籍加入した川辺。2022シーズンに入ってからもしばらくは浜松に住んでいると思われる投稿をSNSにしていたのだが、5月2日になって突如ヴィンセドール白山への移籍加入が発表された。その後アグレミーナ浜松からは正式な退団発表はされていない。川辺についても契約上でなんらかのトラブルがあったのだろうか…?

No.20 磯田 剛志


浜松に5シーズン在籍した磯田、トップチームに復帰した21シーズンはコンスタントに出場機会を得た。退団後は地元愛知県の社会人サッカーチーム「ラジルFC東三河」に入団している。フットサルを始める前に所属していたチームへの復帰という形となるようだ。

No.21 岡島 工


岡島の退団は2021シーズンのアグレミーナ浜松の問題を象徴する出来事となってしまった。シーズン途中からまったく出場の機会を与えられなくなると、ボアルース長野に拾われる形で移籍。しかしその際にもクラブからは退団のリリースが発表されないなど違和感の溢れる経緯となってしまった。長野では楽しくプレーを続けられているようだ。

No.27 オオヤモントロエンヒ


2020シーズン終盤にサテライトからトップチームに昇格し第9節白山戦でデビューしたエンヒだったが、2021シーズンは再びサテライト登録でのスタート。すると6月にはサテライトチームを退団し、F2リーグ・ポルセイド浜田に移籍加入した。浜田では攻撃的フィクソとして出場機会を多く得ている。※背番号は2020シーズントップチームでのもの。

No.81 田中 智基


山元コーチと同じく、ファン感のゲーム会終了後に退団が発表された田中。ファンサポーターに向けた挨拶を直接聞くことはできなかった。同日のうちにボアルース長野への移籍加入が発表されている。

No.99 児玉 風河


2021シーズン途中にトップチームに昇格した児玉、サテライトも含めて2年間浜松でプレーして退団となった。地元の千葉県に戻って仕事をするらしい。退団コメントでは「またフットサルをやりたくなってしまって、やることになったらまた応援して下さい!!」と綴っていたが、早速フットサルをやりたくなってしまったようで千葉県リーグ1部のべカーラFC千葉に入団している。


2020/21シーズン退団選手

No.2 伊名野 慎


2019年から2年間、バルドラール浦安セグンドから浜松に期限付き移籍をしていた伊名野慎。レンタル期間が終わると2021年はペスカドーラ町田に移籍。翌2022年には古巣の浦安に戻り、セグンドチームで関東1部リーグを戦っている。

浦安セグンドは2022年9月現在関東1部首位を独走中だが、目指すはもちろんトップチーム昇格のはずだ。しかしまさか、浦安に戻っても偉大なるゴレイロ、ピレス・イゴールの背中を追うことになるとは思わなかっただろう(笑)

No.7 霜出 聖也


ポルセイド浜田から浜松に移籍し、1年限りの在籍となった霜出。退団後は古巣のデウソン神戸に出戻る形となった。浜松アリーナで行われたvs広島戦では決勝点となったパワープレー返しを決めてみせた。

No.20 日永田 祐作


2018シーズンから3年間在籍した日永田、現時点で次の移籍先はまだ決まっていないらしい。とりあえず新横浜のLUZ Culture shopに行けば彼と会えるようだが、まだまだプレーしているところも見たい選手だ。

No.22 野嶋 倫


2014シーズン、浜松のユニフォームサプライヤがLUZeSOMBRAになると同時に加入した野嶋。彼もまた新横浜でLUZクルーとして働いている。2021年9月には、ダンス&ボーカルグループ・Dream/E-girlsの元メンバーで、現在フリーで活動するDream Ayaさんと結婚することが発表された。

No.55 中村 章


※画像提供 @minha.vuckoさん
2019シーズンから2年間浜松でプレーした中村は、浜松を退団するとFリーグへの復帰を目指すヴォスクオーレ仙台に加入。このシーズンに仙台は東北リーグを優勝、第27回全日本フットサル選手権では全国大会まで勝ち進み中村も浜松アリーナへ凱旋した。仙台は2022シーズンからFリーグへの復帰が認められ、Div.2で浜松とも対戦する予定だ。


2019/20シーズン退団選手

監督 豊島明


2017シーズン途中に保田監督の後任としてコーチから昇格し、2019シーズンまでチームを指揮した豊島明氏は、トップチーム退任後もアグレミーナ浜松フットサルアカデミーのコーチとしてクラブに残留している。


No.11 中村 友亮

浜松からトルエーラ柏に移籍した中村友亮選手
2014年にバサジィ大分から移籍加入した中村友亮選手は川原永光選手とともにアグレミーナ浜松所属として初めて日の丸をつけた選手のひとり。その後2年間は名古屋オーシャンズでプレーしたのち2017シーズンに浜松へ復帰。2019シーズン退団後は栃木シティの資本投入を受けて大補強を敢行したトルエーラ柏の中心選手として活躍、F2リーグ全勝優勝とF2チームとして初めての全日本選手権優勝に貢献した。

全日本フットサル選手権優勝トロフィーを掲げる中村友亮選手と内野脩麻選手


No.15 永野 雅也


2018シーズンにヴォスクオーレ仙台から加入した永野。浜松が3-1のシステムを敷くようになりピヴォの永野にはチャンスとなったはずの2019シーズンでもなかなか出場機会には恵まれず、シーズン途中に同じF2リーグのトルエーラ柏へと移籍した。移籍後は6試合連続出場を果たし、誕生日に迎えた浜松戦では前線で身体を張って古巣への勝利に貢献した。2019シーズンいっぱいで柏を退団すると競技選手としては引退した模様。


No.18 山田 凱斗

バサジィ大分に移籍した山田凱斗選手(元アグレミーナ浜松)
2018年に当時最年少の18歳でいきなりトップチームに入団した山田凱斗は“浜松の希望”と呼ぶにふさわしい選手だったが、2年目となった2019年はFリーグ選抜に参加して同年に退団。浜松でプレーしたのは実質1年のみとなった。その後はバサジィ大分に移籍加入し、開幕戦で見事なゴールを決めて見せた。

youtu.be


No.23 石川 愉貴


強化指定選手としてトップの試合にも出場した石川は2019シーズン退団後、2020シーズンはポルセイド浜田に移籍加入。第2節・広島戦では一時同点とするゴールも決めるなど活躍していたが、シーズン途中の11月に”一身上の都合”により急遽退団。地元の高知県に戻り、四国リーグ・エルブランコ高知でプレーしている。


No.24 河原田 達


サテライトチームから初の“正式昇格選手”となった河原田。トップでのプレーは1年限りとなり、2020年に1度は競技選手から引退した。しかし2022年、九州1部リーグのエスポルカーナMFCで現役復帰。いまは宮崎県に住んでいるようだ。


2018/19シーズン退団選手

No.1 石黒 紘久


「チームの順位が前年よりひとつでも下がったら退団する」と決めていたという石黒は、加入した2014年以来4年ぶりに最下位に転落し、F2に降格した2018シーズンにその決意通りに退団。2019年はバサジィ大分で選手兼コーチとしてプレーし、プレーオフ決勝進出に貢献。そして2020年から2年間、フウガドールすみだでプレーした後に現役選手を引退した。

現在はすみだ時代から掛け持ちしていた茨城県社会人サッカーリーグ1部のFC ROWDY MORIYAの監督としてJFL参入を目指している。また、十文字学園女子大学サッカー部のGKコーチも務めているようだ。


No.7 前鈍内 マティアス エルナン


頼りになるプレーと純真さでファンからの人気も厚かったマティ。浜松を退団後はF1リーグの強豪・シュライカー大阪に移籍。移籍前に受けた手術の影響もあってシーズン序盤はコンディションが上がらなかったが、徐々に安定して出場機会を獲得。負傷中以外はほとんどの試合でピッチに立ち、2019シーズン26試合、2020シーズン19試合に出場した。

ボルクバレット北九州に移籍した前鈍内マティアスエルナン選手
2021シーズンからはボルクバレット北九州に移籍。開幕からリーグ中断までの7試合にすべて出場し、2ゴールを決めている。


No.14 銀島 壮志


九州出身の銀島だが、浜松を退団しFリーガーを引退した後も仕事の基盤をつくるために浜松に残り、東海リーグXEBRA shizuokaで社会人フットサラーとしてプレーを続けた。2019、2020シーズンと2年間在籍し、2年目には選手兼監督も務めたが、仕事との両立が困難となり退団。2021シーズンは東海リーグ・エマーソンFCへ入団したが、9月に退団すると愛知県1部リーグの名古屋FCエゴイストに移籍している。


No.27 小石峯 成彦


2019年から浜松と入れ替わりでF1リーグへ昇格したボアルース長野に移籍した小石峯は、翌2020年には選手を引退し長野でGKコーチを務めていた。現在はコーチとしてもチームからは離れているが長野では生活しているようで、度々SNSで長野へのエールを送っており、また2022年の有江哲平引退試合にはボアルースOB選手として参加している。


スポンサーリンク


2017/18シーズン退団選手


監督 保田 健二朗


2014年シーズン途中に体調不良のため半年間の休業期間があったものの2013シーズン後半から2017シーズン前半までと、アグレミーナを最も長く指揮した保田監督。静岡朝日テレビで毎週金曜日に放送されている「スポーツパラダイス」では女子フットサルチームDFUT WINGSのコーチを務める保田氏の姿を見ることができたが、2019年にチームは解散。

アグレミーナ浜松のMyCujoo配信で実況&解説を務めた石野潤選手と保田健二朗コーチ
DFUT WINGSの解散後、2020シーズンは日本女子フットサルリーグ「アスレジーナUNIAOあいち一宮」の監督就任が発表された。しかし新型コロナウィルス感染拡大で県外移動が制限された影響か、実際にアスレジーナフットサルチームの指揮は執っておらず同じアスレジーナのサッカーチームやビーチサッカーチームのコーチを務めているようだ。アグレミーナ浜松のホーム戦ではMyCujooライブ配信のゲスト解説として登場したこともある。


No.2 鈴木 陽太


浜松には1年限りの在籍となったGK鈴木は退団後、その年にF2リーグに新規参入したY.S.C.C.横浜へ移籍。横浜では正GKとして3年間プレーし、チームのDiv.1昇格に貢献した。

2021シーズンは横浜からボルクバレット北九州へと移籍したが1年限りで退団すると、現在はフットサル選手を引退して代官山でマシンピラティスのインストラクターとして活動している。


No.4 イヴァハシ・ルーカス・ヒデキ

DELIZIA磐田でプレーするイヴァハシルーカスヒデキ選手(元アグレミーナ浜松)
2015シーズンに19歳で加入したルーカスは2016年には新設されたサテライトチームでキャプテンを務めた。3年目の2017シーズンもサテライト所属でスタートしたが、6月に退団。いまはDELIZIA磐田でプレー、静岡県選抜として全国大会にも出場している。※掲載背番号はトップチームでのもの。


No.10 フィネオ・アラウージョ


シーズン途中にアゼルバイジャン代表としてチームを離れると、そのまま帰ってこなかったフィネオ。その後中国リーグのチームに入団するとブラジルや欧州のチームを転々とした後、インドネシアリーグでプレーしていた。2020シーズンはコロナ禍の混乱を受けてか、浜松移籍前に在籍していた母国アゼルバイジャンのAraz Naxçivanに復帰している。


No.18 小池 良平


アグレミーナを退団後、2018年は古巣のXEBRAではなくDELIZIA磐田でプレー、しかし2019年は選手登録はされておらずコーチングスタッフとしてベンチ入りしていた。浜松在籍中から東海女子リーグ・golrira shizuokaの監督も務めており、男女静岡県選抜コーチにも携わるなど今後は選手としてよりも指導者としてのキャリアを積んでいくのかと思われたが、2020年には古巣のXEBRAに復帰。彼にあこがれてフットサルを始めた三鬼泰三とともに、再び選手として東海リーグのピッチに立っている。


No.19 岡野 健


アグレミーナを退団後は古巣のリガーレ東京(関東1部リーグ)に復帰すると、2018年は関東リーグ得点王となってリガーレ東京の優勝に貢献。同年に関東リーグ20周年を記念して開催されたオールスターゲームでも背番号10を着けた。2020シーズンはファイルフォックス八王子でプレー、関東リーグベスト5に選出されている。写真は2019年関東リーグ第17節より。


No.20 新井 裕生


本来であれば2017シーズン途中に退団し、スペイン挑戦をするはずだったが諸事情により叶わず浜松に再入団。2018シーズンは若手選手を集めて新設されたFリーグ選抜メンバーとしてF1リーグに参加。チーム内得点王になるなど素質を開花させ、特にvs浜松戦では3試合すべてでゴールを決めた上に浜松の最下位&入れ替え戦を決定付けた張本人である(笑) F選抜を卒業した2019シーズンからは浜松ではなく古巣の府中トップチームに戻った。

立川・府中アスレティックFCでレギュラー争いを繰り広げる新井裕生選手
府中に移籍した年には大けがを負い戦線を離脱した時期もあったが、若返りを図るチームの中で出場機会をつかみ取り日本代表候補に選ばれたことも。2021シーズン開幕戦ではハットトリックを決める活躍も見せた。


No.21 岩﨑 雄大


※掲載背番号はトップチームでのもの。
2017シーズン「サテライト落ち」となった岩﨑はそれでもサテライトチームの全日本選手権全国大会出場を目標に黙々と鍛錬を続けていたが、静岡県大会ベスト4で敗退。これを機に自分自身で環境を変えようとタイやモンゴルのフットサルリーグで武者修行へ。2018年、19年と海外でプレーを続けてきたが2020年にはコロナ禍による混乱でプレーするチームを失い帰国。

実は2021シーズンからは浜松への復帰が内定していたそうだが発表直前に翻意、彼が選んだ移籍先はYouTubeチャンネル「目指せ!Fの頂」で有名なFC.NAKAIだった。負けたら解散のFC.NAKAIは関東大会3位決定戦で敗れ全国大会出場を果たせず、岩﨑はここで一度引退を決意する。

しかし2022シーズンの半ば、牟田口勇人の主催するフットサルヒーローズへの出場をきっかけに情熱を取り戻し、かねてから親交のあった田中優輝も所属する関東1部リーグ・デルミリオーレクラウド群馬で現役復帰した。


No.23 和久田 章太


岩﨑と同じく「サテライト落ち」となった2017シーズン、県2部リーグ優勝&1部昇格に大きく貢献したがこの年を最後にアグレミーナのユニフォームを脱いだ。いまは特に競技フットサルをしてはいないようだが、親交のある選手たちを応援に時々ホームゲームに訪れている。決してメインでは載らないがVerde Amarelo Academyの投稿で時々、子供たちを指導する和久田の姿を見ることができる。※掲載背番号はトップチームでのもの。

アグレミーナのホームゲームにゲスト解説者として参加した和久田章太
2021シーズンにはアグレミーナ浜松ホームゲームにゲスト解説者として参加。元選手として、松浦や磯田の友人として、独自の視点で解説をした。


No.94 ジョン・レノン


フィネオ以上に謎なのが彼の退団経緯である。全日本選手権も全試合出場し、4月になっても浜松に住んでいるような投稿をSNSにしていたが、ある日突然ブラジルのチームへの入団発表が現地メディアでリリース。浜松サイドから退団の発表がされたのはその翌日だった。やはり色んなチームを転々としており、一時はフィネオと同じチームでプレーすることもあった。

2018シーズン途中からカザフスタンのAFC KAIRATに所属。日本人には馴染みの薄いチームだが、UEFAフットサルカップを2度優勝している強豪チームで、彼も国内2冠に貢献した。現在はKAIRATと提携を結んでいるスロベニアのLitijaというクラブにレンタル移籍している模様。



いかがでしたか?
あなたの推しメンは元気そうでしたか?

この記事を書いていて、自分のなかで改めて様々な思い出が蘇ってきました。

選手たちにとってアグレミーナ浜松で過ごした時間は、勝てなくて悔しい辛いことの方が多かったかもしれません。だけどそれでも、ふと思い返した時にこのクラブで戦ったことが、彼らのフットボール人生の中で良い思い出として刻まれていたら嬉しいなと思います。ぼくにとってもそうであるように。


2012年~2016年に退団した選手たちについてはこちら。

アグレミーナ浜松のこれまでの試合戦績と観戦記のまとめはこちらをどうぞ。


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

Fリーグ Div.1 全試合 無料LIVE配信中
プレミアム会員ならフルマッチもハイライトも見放題!

スポンサーリンク