FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

Fリーグプレシーズンマッチ&準会員リーグ アグレミーナ浜松の初試合!

2012年5月5日(土)

5月5日といえば言わずと知れたこどもの日。そしてこの日は、「フットサルの日」としても日本記念日協会に登録されているそうです。

そんなフットサルの日にはフットサル観戦!

浜松アリーナへ今年からフットサルの全国リーグ・Fリーグへ参戦するアグレミーナ浜松のプレシーズンマッチおよびFリーグ準加盟リーグを観にいってきました。

フットサルはまだまだ「観るスポーツじゃなくてやるスポーツだ。」

と言われており、実際ぼく自身いままでFリーグを観に行くのは年に1,2回でした。しかし今年はいよいよ地元静岡からFに挑むチームが!今までになく観戦熱が高まっています(`・ω・´)

試合結果については一応メモを取っていましたが、より正確なFリーグ公式サイトから引用しています。

http://www.fleague.jp/news/detail.jsp?id=20120505-00 ※上記URLは既にリンク切れとなっていました。当時の準会員リーグの公式記録アドレスの分かる人がいましたら教えてください。


第一試合 VEEX KIMURA FUTSAL CLUB 2-4 広島F・DO

[得点経過]
1-0  7分 廣岡慎也(VEEX KIMURA FUTSAL CLUB)
1-1  8分 冨広洋平(広島F・DO)
1-2 14分 土井将平(広島F・DO)
2-2 19分 廣岡慎也(VEEX KIMURA FUTSAL CLUB)
2-3 30分 田中健次郎(広島F・DO)
2-4 36分 三宅研司(広島F・DO)


北信越フットサルリーグ覇者のVEEXと、中国フットサルリーグの覇者の広島の一戦。スコアをみれば4-2とフットサルらしくゴールの多い試合だったが、昨年末に関東リーグの最終節を観たあとの感覚だとレベルの差を感じずにはいられなかった。

パスのスピード、トラップの精度、2人目の次の3人目4人目の連携、いろいろあるとは思うがちょっとずつ違って、結果プツプツとプレーが途切れることが多かったように感じた。

負けはしたものの個人的に目についたのはVEEXの4番と10番。4番は随所にフェイクをいれて個人戦術を意識した動き、10番は足下の技術が高く素早いダブルタッチで会場を沸かせた。

VEEXの敗因は守備の集中力かと思う。スコアほどの差はなかっだと感じだ。


第二試合 フウガすみだ 1-2 DELIZIA磐田

[得点経過]
1-0 20分 茨木司朗(フウガすみだ)
1-1 23分 河合高宏(DELIZIA磐田)
1-2 40分 門田雄輔(DELIZIA磐田)


関東リーグ、そして地域チャンピオンズリーグ覇者のフウガはこの日佐世保のフットサルフェスタにも参加しており、須賀監督含めて主力メンバーの多くはそちらに参戦。
太見選手を見たかったので残念だったが、逆にいえばそれだけ選手層に自信があるということか、実際非常にハイレベルなゲームだった。

DELIZIA磐田も東海リーグチャンピオン(つまり、アグレミーナの前身田原FCより成績は上)、お互いにパススピードが速く、しかもそれがピタッと止まる!

スコアでいえば後半のギリギリまで1-1で、ゴールシーンは少なかったが全然飽きなくて20分が短く感じたくらいだった。

試合は最後の最後、DELIZIA 10番門田選手が裏に抜け出しシュート!これを一度はじかれるも、もう一度押し込みゴールイン!! 時計を見ると、何と残り0.0秒のブザービートで地元磐田が大金星!!

会場もおおいに沸いて、この日3試合のベストゲームだった。


第三試合 アグレミーナ浜松 1-1(前半0-0)柏TOR’82

[得点経過]
1-0 32分 特手翔平(柏TOR’82)
1-1 33分 蓮池紳吾(アグレミーナ浜松)


さて、いよいよ登場のアグレミーナ浜松。相手の柏イーグルスTOR’82は昨シーズン関東リーグ3位。

前半から柏は引いて守るスタイルで、ボール支配率自体は浜松が圧倒的に高かった。ただ、引く相手を崩すことはできずしかも守備にときどき穴があき鋭いカウンターをくらうシーンも。観ていてヤキモキ、ヒヤヒヤする前半は0-0のまま終了。

後半になっても膠着状態は変わらず、ただ柏が少しだけプレスを強めてきて、にわかにバタバタしてきた。そんななかお互い欲しかった先制点は柏に許してしまう。10番 特手選手のワザありループだった。

しかし!1分後、浜松9番の蓮池がGKも飛び出した左サイドの混戦からこぼれてきたボールを押し込み同点!!このゴールの瞬間は会場がおおいに盛り上がった、やはりみんな浜松を応援に来ていたのだなと実感。

デリッツィアの応援のタイコのひとも浜松も応援してくれてる!静岡県の連帯感がなんか嬉しい(笑)

残り30秒には、カウンターから左サイドを駆け上がったまたも9番蓮池にパスが通る!磐田同様の劇的逆転を期待してしまうが、このシュートは柏ゴレイロの好セーブに阻まれてしまいそのまま試合終了。

今日観た限りでは、スコア通り2チームは互角だった。

今年の1月までは準会員チームだった同士なので当然といえば当然なのだが、地域リーグのチーム相手に互角じゃ困るわけで…

まだまだ開幕まで連携は深めていく余地はあるはずなので頑張ってほしい。

前後半ともにスターティングファイブは6 萩原、7 松本、9 蓮池、22 田中、21 石原だった。とりあえずゴレイロを除くと、この4人がファーストセットなのだろうか?しかし、得点した9番 蓮池以外ではチームを引っ張っていたのは2番 向島と、花巻から移籍してきた3番 中島だったように見えた。

サッカー転向組も多くいるが、いま現在では目立つ選手はやはりフットサル経験値の高い選手だ。元鹿島アントラーズの5番 笠井も注目していたが、ピヴォの位置で効果的にパスがもらえず出場時間はごくごく僅かだった。


以上、素人のつたない戦評ですが…σ(^_^;)

全体を通してよかったこと!

ホームアリーナの浜松アリーナは素晴らしい体育館でした。ちょっとアクセスは悪いけど、綺麗だしサイズ感もちょうど良い感じ。プラズマディスプレイがあるのも色んな演出に活用できそうです。

もちろん勝って欲しかったけど、まずは試合に負けなかった。地元おひろめの初試合でやっぱり負けちゃいけない、選手たちには相当のプレッシャーがかかっていたと思います。

そしてなんと言っても1550人もの観客が集まったこと。実は当初、招待券の準備は1000枚ほどで券がなくなったら入れなくなる設定でした。

まー、1000人も入らないかと思いながらも、無料のプレマッチでもしも券がなくなって入れないひとが出たらファン獲得どころの話じゃない!と、Twitterでアグレミーナスタッフの方に再考のお願いをしていたのです。

だからかどうかは分かりませんが当日な結局、招待券なしでも入れるようになり、結果として観客は1500人超!!

有料になったときにどうなるかはまだわかりませんが、静岡でフットサルリーグ観戦に来るひとがどれだけいるかは心配だったのでここはひと安心。

やっぱりみんなフットボールはなんでも好きなんだなー(´ω`)



残念だったこと…


1500人もお客さんが入った。

だから、だからこそ選手一覧のフライヤーくらいは用意していて欲しかった。応援するにも選手の顔と名前を知っているかどうかで熱の入りようは全然違うはず。


アグレミーナ浜松というチームだけでなく、お気に入りの選手がいるかどうかで固定ファンになるかどうか、いやらしい話だけど、どれだけお金を使ってくれるかどうかは全然違ってくる。

いま現在でも、チームのホームページを見ても選手一覧のページは工事中のまま。ぼくが選手の名前を確認する拠り所は当日入り口に貼ってあった選手プロフィールをiPhoneで撮影した写真くらい…

Fリーグに参加する以上、強い弱いはもちろんだがフットサルをビジネスとして成り立たせて、Fの舞台に生き残り続けなければいけません。

花巻の二の舞だけは絶対に避けなければいけないなか、いきなり勝てるチームになんかなれないことは応援する側も覚悟がいるが、一方で運営手法はベンチマークすることでかなりの部分が追いつけるはずです。

そういった部分も課題が見えたはずなので、これからに期待したいと思います。


試合の内容詳細については、下記のサイトが写真も豊富でわかりやすいと思います。ご参考まで。


http://www.futsalnet.com/fn2009/2012/05/topics-018359.php

http://lovefootball.jp/f_league/2213

http://www.fut-de-shizuoka.com/FS_WEBLOG/?p=15181


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村