FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【女子Fリーグ初代女王はアルコイリス!】日本女子フットサルリーグプレーオフファイナル 第2試合 府中アスレティックFCプリメイラ×アルコイリス神戸

2018年1月21日(日)


男子Fリーグプレーオフが決勝を迎え盛り上がりを見せるなか、同じ日に女子Fリーグの決勝戦も行われています。せっかく同じ会場で行われてるのに、こちらはあんまり告知してくれてないんですけどね…どうせ撮ってるならAbemaTVで流してくれたらいいのに(●`・3・)

今シーズンから正式スタートした日本女子フットサルリーグのプレーオフ決勝戦で対戦するのは東京都リーグ所属ながらにリーグ戦で1位となった府中アスレティックFCプリメイラと、プレーオフ1回戦でプレ大会王者の福井丸岡RUCKを破ったアルコイリス神戸。前日の第1試合ではリーグ戦で府中に敗れているアルコイリスがリベンジを果たす形で4-0の勝利。

2戦合計スコアが同点の場合、リーグ1位のアドバンテージとして府中の勝利となります。府中が4点差をひっくり返すのか?それともアルコが2連勝を飾るのか!?


※素人が撮った下手くそな写真ですが、それでも時間とお金を使って会場まで通い一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが無断での転載・転送はご遠慮ください。
※府中AFCが2016/12/2に 女子選手との写真撮影について注意事項をアナウンス していますが、これは試合中の写真撮影についてクラブ単独で制限するものではなく、試合中の写真撮影については大会規約に准ずる旨を確認しています。


日本女子フットサルリーグ2017 プレーオフファイナル第2試合

2018年1月21日(日) @東京都/駒沢オリンピック公園屋内球技場

試合結果

府中アスレティックFCプリメイラ 1-4 アフコイリス神戸(前半0-2)
公式試合記録

府中得点者:14.藤田(PK)
神戸得点者:3.江口、3.江口、18.加藤、OG



日本リーグのなかで唯一、地域リーグではなく東京都リーグ所属の府中。しかしリーグ開幕戦では4-2でアルコイリスに勝利、丸岡RUCKには3-3で引き分け、サイコロにはPP返しも含めて5-2で勝利と決してマグレとは言わせないだけの結果を出してリーグ戦1位となった。


優勝候補筆頭に挙げられながら開幕戦から2連敗を喫し、プレーオフ進出すら危ぶまれていたアルコイリス。しかしそこからはリーグ戦4連勝、プレーオフ3連勝。しかもそのすべてが完勝といっていい内容だ。リーグ戦6試合とここまでのプレーオフ3試合で奪ったゴールはなんと63点。


前半


前日の第1試合、府中としては勝利を目指すのはもちろんながらたとえ負けたとしてもリーグ1位のアドバンテージを活かすために失点を最小限に抑えることが最低目標だったはず。しかし結果は4-0でアルコイリスの勝利。


府中が優勝するためには4点差以上の勝利が必要で、この第2戦はより攻撃的にならざるを得ない。しかしそんな府中の出鼻を挫いたのがこの選手。キックオフ直後の1分、2分と連続して3.江口のゴールが決まり、いきなりアルコイリスが2点のリードを奪う!


もう攻めるしかない府中はリスクを掛けて前線からプレッシャーをかける。前プレやカウンターから何度かチャンスをつくるがこれをアルコGK5.竹田がシャットアウト。



立ち上がりこそ2失点したが、その後は府中も集中した守備とカウンターを見せこのゲームだけならまだまだ分からないと思わせてくれる。



しかし、さすがにアルコイリスから6点取るのは厳しいか…?


後半



後半も逆転を目指し、身体を張った攻防を見せる府中AFC。しかしスコアは動かない。


男子日本代表監督、ブルーノ・ガルシアとともに決勝戦を見つめるのはつい先日に日本女子代表監督就任が発表された元シュライカー大阪監督の木暮賢一郎氏。



スコアが動かないまま後半も10分を過ぎると、6点が必要な府中が22.縄田をゴレイラにパワープレーの準備を始める。しかしその直前に18.加藤のゴールでアルコイリスが3点目。ゴール前にいた選手がスルーするとそのままゴール。


必要なゴールが6から7に増えてしまった府中だが、このままでは終われないと22.縄田をGKにパワープレーを開始。


しかし、次のゴールもまたアルコ。右サイドのキックインから3.江口のチョンドンシュートが相手DFに当たってゴール。記録上はオウンゴールとなってハットトリックとはならず。



ここでついに府中も反撃。9.千田がボールを持ち込みペナルティーエリア内で混戦となると、アルコイリス 7.平井が手でボールを防いでしまって一発退場!



このファウルで得たPKを、14.藤田がきっちり決めて府中が1点を返す。


PKに続いて、アルコイリス6つ目のファウルで得た第2PK。今度は9.千田がゴールを狙うがここはゴレイラ竹田がストップ!!


最後までパワープレーでゴールを狙った府中だったが、流れの中からゴールを奪うことはできず。GK竹田のパワープレー返しがギリギリで入らなかったところでタイムアップ。


開幕2連敗のどん底からスタートしたアルコイリスだったがそこから一気に巻き返し、プレーオフでも4戦全勝。決勝2戦も合計スコア8-1でリベンジを果たした。






逆襲の女王・アルコイリス神戸が日本女子フットサルリーグ初代チャンピオン!おめでとうございます!!




リーグ戦は開幕から2連敗。全日本選手権でもグループリーグ敗退。しかしその悔しさを爆発させたプレーオフでは4試合すべてを完全勝利。圧倒的な強さを見せつけました。退場した平井選手もセレモニーの後にはみんなと記念写真が撮れてよかった。



家族・サポーターとともに。




リーグ戦を1位で終えながら逆転されてしまった府中でしたが、ここまでの快進撃は今シーズン最大のサプライズのひとつでした。プリメイラのみなさん、準優勝おめでとうございます!来季は関東リーグに上がってラスボニやサイコロと同じ舞台で戦うことになるのかも注目しています。


得点女王はアルコイリス神戸の3.江口未珂選手。リーグ戦6試合で14ゴール、プレーオフ4試合で10ゴール。アルコの圧倒的な攻撃力をまさに牽引したシーズンでした。


フェアプレー賞はバルドラール浦安ラス・ボニータス。チームを代表して米川監督が表彰を受けました。


良い試合を観たなぁと思う反面。このゲームを第3者として冷静に観ていることが悔しい!サイコロがあと一歩で届かなかったこの舞台。来シーズンこそは!?


関連記事


参考記事

日本女子フットサルリーグ プレーオフファイナル /SANCTUARY~misato official blog~ ‪https://ameblo.jp/sanctuary-mi6/entry-12346624729.html‬

【総括】日本女子フットサルリーグプレーオフ http://www.panna-futsal.com/2018/01/playoff-summary.html

【決勝戦第2試合】
日本女子フットサルリーグの初代女王はアルコイリス神戸!!《府中vs神戸》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=301828

プレーオフ決勝第1戦府中アスレティックFCプリメイラ vs アルコイリス神戸
http://www.panna-futsal.com/2018/01/w-fleague-playoff-final1.html

江口未珂が2ゴールの活躍! 神戸が府中に2連勝で初代女王に輝く!!
http://futsalx.com/2017wfplayoff-3/

【決勝戦第1試合】
神戸が後半のゴールラッシュで府中に大勝し、初代女王に王手!!《府中vs神戸》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=301702

プレーオフ決勝第2戦府中アスレティックFCプリメイラ vs アルコイリス神戸
http://www.panna-futsal.com/2018/01/w-fleague-playoff-final2.html

アルコイリス神戸が府中に4発快勝、初代女王に大きく近づく
http://futsalx.com/2017wfplayoff-2/

初戦の大勝にも慢心なし アルコイリス神戸・小屋幸栄監督「明日何が起こるかはわからない」
http://futsalx.com/koueikoya-2/

初戦でビハインドを背負うも逆転を誓う府中プリメイラ松田大次郎監督「4点取ればうちが優勝」
http://futsalx.com/daijiromatsuda/

府中アスレティックFCプリメイラ vs アルコイリス神戸(30枚)
http://futsalx.com/ph_fuc_arc/

インタビュー:アルコイリス神戸3番江口未珂選手「アルコに入るのが夢でした」
https://www.targma.jp/panna-futsal/2018/01/27/post636/

インタビュー:アルコイリス6番小村美郷「一度心が折れました」
https://www.targma.jp/panna-futsal/2018/01/29/post659/


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村