FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

‪第21回全日本フットサル選手権1次R静岡会場 3日目試合結果‬

柏TOR'82 5-1 エスポルカーナMFC
フウガドールすみだ 11-1 徳島ラパス
ミキハウスフットサルクラブ 4-3 コロナFC/権田
アグレミーナ浜松 2-2 エスポラーダ北海道


第21回全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド グループB第3節

アグレミーナ浜松 2-2 エスポラーダ北海道

公式試合記録

http://www.jfa.jp/match/alljapan_futsal_2016/groupB/schedule_result/pdf/m34.pdf

ハイライト動画


1勝1敗1分、勝点4でグループリーグ敗退。この数字と結果だけ見れば、なんだいつも通りの浜松か。そう思うひとも多いと思う。でも、ぼくにとっては違う。「良いものを見た。来年もこのチームを応援しよう」そう思って帰路に着く選手権は、実は4年目にして初めてだ。

「答え」は見つかったのかと聞かれれば、正直はっきりとはわからない。でも、それはこの三日間のどこかに確かにあったはず。あとは、いつ来てもこのチームはそれを必ず見せてくれると胸を張って言えるようになってほしいな…

逆転で決勝トーナメントに進出するには2点差での勝利が必要だった浜松は1-0でリードしている残り3分にリスクを賭けてパワープレーを敢行。しかし2点を返され、残り1秒意地のゴールで追いつくもドロー決着。結果論では勝ち試合を落とした形だがしょうがない。あれしかなかった。最後まで諦めずチャレンジする姿を見せてくれたよ。

だからこそ、代々木に行きたかった。2人を行かせてやりたかった。でも、今季の終わりに泣けるほど悔しい素晴らしいゲームをどうもありがとう、アグレミーナ浜松。


※写真の無断転載はご遠慮ください。