FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記。

【リモート観戦 by MyCujoo】Fリーグ Div.2 2021 第1節 ポルセイド浜田×アグレミーナ浜松

f:id:hiro_16ban:20210522200035p:plain
※Fリーグリモートキックオフカンファレンスよりスクリーンショットで引用

2021年5月22日(土)

コロナ禍の中、今年も開幕したFリーグ。Div.2はDiv.1よりひと足早く5月に開幕。そのファーストゲームがポルセイド浜田 vs アグレミーナ浜松!

高橋新監督と4人の新加入選手を迎え、“変化”を標榜する今年の浜松。ぜひとも観に行きたかったのですが、今回の試合は「入場者の対象を設けた入場制限付き試合」となりますし、そうでなくても最近仕事が忙しいので遠征は断念。

しかし浜田さんのMyCujoo配信はクオリティが高いので助かります。今年も浜田商業高校のIT商業研究部の皆さんが担当してくれるそうです٩( ᐛ )و



【リモート観戦 by MyCujoo】Fリーグ2021-2022 ディビジョン2 第1節 ポルセイド浜田 vs アグレミーナ浜松

2021.05.22 sat 14:00 島根県立体育館 (観客数 115人)

試合結果

ポルセイド浜田 0-3 アグレミーナ浜松

公式試合記

浜田得点者:なし
浜松得点者:8.松本、81.田中、19.名倉

試合動画

フルマッチ
ハイライト



昨シーズン、全敗のまま最下位となったポルセイド浜田は砂畑翼新監督を迎え再出発。今シーズンのテーマはアグレッシブ。


アグレミーナ浜松もまた、高橋 優介新監督を迎えて「変化」を標榜する1年となる。ベンチ入りしたメンバーはGK 1.三浦、21.岡島、FP 5.鷲北、6.萩原、8.松本、9.松浦、11.武田、12.川本、16.須藤、19.名倉、20.磯田、81.田中の12名。名古屋サテからの新加入選手4名の中からは、まずはNo.11 武田彰と、No.12 川本樹弥がFリーグデビュー。


第1ピリオド:松本行令のオープニングゴールに始まり浜松が3点をリード

f:id:hiro_16ban:20210529124549p:plain
※MyCujooライブ配信動画よりスクリーンショットで引用

キックオフ!アグレミーナ浜松のスタメンはGK 21.岡島、FP 5.鷲北、8.松本、11.武田、16.須藤。これに19.名倉を加えた5人でローテーションするファーストセット。対する浜田のスタメンはGK 30.中田、FP 4.久保、10.橋岡、11.道岡、14.松山。

立ち上がりから積極的なプレスを仕掛けあう両チーム。そのプレスをGKからのロングボールでスキップしようとする浜松が何度かチャンスをつくる。2分には3回続いたセットプレーのチャンスから、最後はキックインのパスを受けた8.松本のミドルシュートが決まって先制!

するっと決まったかのように見えるゴールだが、よく見ると5.鷲北と16.須藤のブロックが非常に効果的で、かつここまでに2回は同じ狙いのプレーがあった。明らかにデザインされたプレーだ。

セカンドセットは6.萩原、9.松浦、12.川本、81.田中。これに20.磯田を加えた5人でローテーションしていた。ファーストセットでは偽ピヴォを置いた3-1、セカンドセットはクアトロ、守備は両セットともプレスラインをハーフラインから8m前あたりに置いたハーフ前プレという感じだ。

先制を許した浜田だが、そのプレスの強度はますます上がってくる。お互いにおそらく前プレ回避が得意な方のチームではなく、守備が嵌まりあってなかなかチャンスが生まれない時間帯が続いた。

それでも14分には20.磯田がしつこい守備を見せて相手陣内でボールを奪うとゴール前の81.田中へパス。田中は飛び出てくるGKを冷静にキックフェイントでかわすと利き足とは逆の右でゴールへと流し込む。浜松に追加点!

さらに18分には16.須藤が左サイドをドリブルで粘って深くえぐると、ゴール前への折り返しに19.名倉が体勢を崩しながらもうまく合わせてゴール!浜松が3点をリードして第1ピリオドを折り返した。


スポンサーリンク


第2ピリオド:追加点は奪えなかったものの、完封勝利で21シーズンをスタート

後半、浜松のGKは21.岡島で変わらず、5.鷲北、8.松本、11.武田、16.須藤でスタート。

3点を追いかける浜田は変わらずアグレッシブなプレスを掛けてくるのに対して、浜松は少し押され始める。一つ一つの反応が遅れた分、ファウルも嵩んでしまい30分になる前にもう4つ目のチームファウル。少しペースが早い。

それでも最終的に5ファウルになることはなく、浜田にゴールも許さない。35分頃からは14.松山をゴレイロに据えてパワープレーを仕掛けてくる浜田に対して一度大きなピンチがあったが、GKよりさらに後ろのゴールラインぎりぎりで6.萩原が頭でクリアしてゴールを死守。

内容的には盛り上がりに欠けた第2ピリオドではあったが、第1ピリオドで稼いだリードを守り切り、とにもかくにもアグレミーナ浜松が開幕戦を完封勝利で終えた。



ふぅ。まずは開幕を勝利スタートでひと安心。しかし40分間インテンシティを高く保てなければ、昨季リーグ戦を全戦全勝、全日本選手権まで優勝したトルエーラ柏 改め しながわシティには勝てないぞ~!!

f:id:hiro_16ban:20210529153033j:plain
※Fリーグ公式サイトよりスクリーンショットで引用

他の2試合ではそのしながわシティを広島エフ・ドゥが破る波乱を見せ、白山と神戸もシーソーゲームの末の1点差。混戦模様の今季F2リーグ、そんな中でアグレミーナ浜松が暫定首位となりました。スクショ、スクショ~♪

次はホーム開幕戦。こちらも入場制限付き試合となりますが、とにかく昨シーズン有観客では勝てていない浜松。お客さんの前で勝利を見せてくれ~!!


Fリーグ2021/2022 Div.2
第2節 5/29(土) 19:00
アグレミーナ浜松 vs デウソン神戸

会場:浜松アリーナ


※入場制限付き試合


関連記事


参考記事


にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

スポンサーリンク